『THE CODE/暗号』作品情報

2009年5月9日 公開の映画作品

あらすじ

優秀で個性的な探偵たちが集まる中でも、暗号解読において天才的な才能を持つ“探偵507”(尾上菊之助)。そんな彼が中国のとある人物から受けた依頼は、これまで見たこともない配列パターンで構成された暗号だった。一瞬にしてその複雑な暗号に魅了された507は、すぐさま上海へと向かう。そこで彼を待ち受けていたのは、青龍率いる上海マフィア、追われ身の美しい歌姫・美蘭(稲森いずみ)、敵か味方か分からない情報屋、そして謎の狙撃手…。この危険な任務に没頭していく507は徐々に真相へと近づいていくが、そこには哀しき真実が待ち受けていた――。尾上菊之助、初挑戦となるアクション・エンタテイメント。

スタッフ

監督

林海象

キャスト

作品データ

  • 2009年5月9日より丸の内 TOEI2ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 THE CODE プロジェクト.All Rights Reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『THE CODE/暗号』関連記事

細マッチョな知性派探偵を熱演! 尾上菊之助、暗号の魅力に目覚めた? 画像
インタビュー

細マッチョな知性派探偵を熱演! 尾上菊之助、暗号の魅力に目覚めた?

“梨園のプリンス”として、その美貌と色気で立役(男性の役)、女形を見事に演じ分ける五代目尾上菊之助。5作目の映画出演にして、初の現代劇となる『THE CODE/暗号』で彼が演じるのは、3桁の数字のコードネームで呼ばれる探偵。しかもこの探偵、ハンフリー・ボガートともポール・ニューマンとも松田優作ともタイプがちょいと異なる。専門は暗号解読、おまけに舞台は魔都・上海。知略を武器に、旧日本軍が隠したという軍資金を巡って上海マフィアらと戦いを繰り広げる! 公開を前に“探偵507”こと菊之助さんが口を開いた。

菊之助、稲森の魅惑オーラに最初は圧倒? 「暗号を解いていくように関係築けた」 画像
レポート

菊之助、稲森の魅惑オーラに最初は圧倒? 「暗号を解いていくように関係築けた」

インターネットシネマの先駆けとして2005年よりスタートし、現在までで50本にも及ぶ大ヒット探偵シリーズ「探偵事務所5」。本シリーズの集大成として、林海象が“探偵”への思い入れを詰め込んだ『THE CODE/暗号』がまもなく公開を迎える。本作の公開に先駆けて、4月21日(火)、プレミア試写会が行われ、林監督を始め主演の尾上菊之助、稲森いずみ、宍戸錠、松方弘樹が舞台挨拶に登壇した。

【TIFFレポート07】人間国宝が殴られた!? 『THE CODE』会見で暴露! 画像
レポート

【TIFFレポート07】人間国宝が殴られた!? 『THE CODE』会見で暴露!

「探偵事務所5」は創立60周年を迎える格式ある探偵事務所。所属する探偵に名前はなく、5を先頭にする3ケタのコードネームで互いを認識しあっている。インターネット・ドラマで高い人気を誇る“探偵事務所5”シリーズの劇場用長編第2作目となる『THE CODE/暗号』が10月18日(土)にワールド・プレミアとして上映され、舞台挨拶の後、林海象監督、尾上菊之助、稲森いずみ、宍戸錠、貫地谷しほり、松方弘樹、佐野史郎、松岡俊介が出席しての記者会見が行われた。

【TIFFレポート01】3分でチケット売り切れた『THE CODE』の舞台挨拶 画像
レポート

【TIFFレポート01】3分でチケット売り切れた『THE CODE』の舞台挨拶

18日(土)に開幕した東京国際映画祭(TIFF)レポートは『THE CODE/暗号』の舞台挨拶よりスタート! この作品は、知る人ぞ知る(?)「探偵事務所5」シリーズの劇場用長編第2弾として制作され、2009年の初夏に公開が予定されている。東京国際映画祭「ある視点」部門のオープニングであると同時に、東京国際映画祭のファースト・スクリーニングでもある本作の舞台挨拶に、主演の尾上菊之助、林海象監督のほか、稲森いずみ、松岡俊介、宍戸錠、松方弘樹、佐野史郎、貫地谷しほりの8名が登壇した。

page top