『ホノカアボーイ』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ハワイ島の北に忘れられた町、ホノカア。ここでは、月に虹がかかるとき、願いが叶うと言われている。恋人にフラれ、大学を休学したレオ(岡田将生)は日本を離れ、この町にやってくる。ひょんなことからホノカアの映画館で映写技師として働くことになったレオが出会ったのは、風変わりだが心優しい人たち。新しい出会いと恋、ごはん、そして別れ。レオが大人になるために必要なものが全て、ここにあった――。実在するハワイ島の不思議な町・ホノカアにある映画館での出来事や村人との交流を描いた吉田玲雄の同名紀行文を映画化。

スタッフ

監督

真田敦

キャスト

作品データ

  • 2009年3月14日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 フジテレビジョン/電通/ROBOT
ジャンル
感情タグ

『ホノカアボーイ』関連記事

仲里依紗がうっかり結婚!? 箭内道彦プロデュース「マガシーク」CM第2弾放送決定 画像
スクープ

仲里依紗がうっかり結婚!? 箭内道彦プロデュース「マガシーク」CM第2弾放送決定

今年の夏に放送され、好評を博したクリエイティブ・ディレクター箭内道彦が総合監督を務めるファッション通販サイト「マガシーク」によるショート仕立てのCM。このほど冬セールを前に、その第2弾が12月30日(日)から放送されることが明らかとなった。

食べたい映画のメインディッシュ投票結果発表 食べると恋が実るあの料理が人気! 画像
レポート

食べたい映画のメインディッシュ投票結果発表 食べると恋が実るあの料理が人気!

映画やドラマを見ていて、物語を気にしつつもついつい、劇中に登場するおいしそうな料理に目を奪われお腹がすいてくる、という経験は誰しもあるのでは? 意外と映画の内容以上に、おいしそうな料理のシーンばかりが後になって思い浮かんできたりも…。CSの日本映画専門チャンネルでは、現在、女性視聴者向けに“食”と映画の関係にフィーチャーし、「メインディッシュ〜彼女と美味しい映画たち〜」と銘打って食にまつわる映画を放送中! これにあわせてシネマカフェでは食と映画をテーマに投票を実施した。質問はズバリ「あなたの<メインディッシュ>は何ですか?」。今回の特集で放送される8タイトル『食堂かたつむり』、『ホノカアボーイ』、『西の魔女が死んだ』、『ゼラチンシルバーLOVE』、『木曜組曲』、『とっても甘いの』、『しあわせのかおり』、『eatrip』の劇中に登場する印象的な料理の中から食べたい料理をひとつ、選んでもらったがその結果は? 上位に入った料理をご紹介!

板尾創路 入籍の花子を祝福「女らしく可愛らしい」 画像
レポート

板尾創路 入籍の花子を祝福「女らしく可愛らしい」

第19回日本映画批評家大賞の授賞式が5月7日(木)、東京・青山スパイラルホールで行われ、新人監督賞受賞の板尾創路、主演女優賞受賞の薬師丸ひろ子、新人賞受賞の岡田将生らが出席した。

報知映画賞『沈まぬ太陽』に栄冠! 渡辺謙、瑛太、松たか子、岡田将生ら受賞 画像
スクープ

報知映画賞『沈まぬ太陽』に栄冠! 渡辺謙、瑛太、松たか子、岡田将生ら受賞

年の瀬も迫り、いよいよ、本年度の日本映画界の賞レースがスタート! 先陣を切って第34回報知映画賞の全9部門が発表され、山崎豊子の長編小説を映画化した『沈まぬ太陽』が作品賞を受賞し、本作の主演を務めた渡辺謙が主演男優賞に輝いた。渡辺さんの受賞は2006年の『明日の記憶』以来3年ぶり2度目。また、主演女優賞には『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』、『K-20 怪人二十面相・伝』の松たか子。松さんは1997年に『東京日和』で新人賞、2004年『隠し剣 鬼の爪』で主演女優賞を受賞したのに続いての栄誉となった。

『ホノカアボーイ』岡田将生、恥ずかしそうに「“ハワイ”トデー」宣言!  画像
レポート

『ホノカアボーイ』岡田将生、恥ずかしそうに「“ハワイ”トデー」宣言! 

先日公開を迎えた『ハルフウェイ』に、伊坂幸太郎の人気小説を映画化した『重力ピエロ』(5月23日全国公開)など、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで次々と出演作品が公開される岡田将生。そんな彼が、恋に破れてハワイ島に渡り、現地の人々との交流を通じて成長していく大学生を演じた『ホノカアボーイ』が3月14日(土)に公開を迎えた。初日の舞台挨拶に岡田さんを始め、共演の倍賞千恵子、長谷川潤、原作者の吉田玲雄、プロデュースと脚本を手がけた高崎卓馬、そして監督の真田敦が登壇した。

ハワイの優しい風景に見つける、ごくごくシンプルなしあわせ『ホノカアボーイ』 画像
コラム

ハワイの優しい風景に見つける、ごくごくシンプルなしあわせ『ホノカアボーイ』

恋に破れ、大学を休学したレオは、かつて訪れたハワイ島の小さな町・ホノカアへ。映画館を経営する食いしん坊の女主人や87歳にしてエロ心を忘れない日系のおじいさん、さらには毎日お手製のごはんを作ってくれる老婦人に囲まれながら、彼は日々の暮らしを満喫する。

小泉今日子、ブレスを生かした甘い歌声で観客を魅了 初対面に岡田将生はすっかり緊張 画像
レポート

小泉今日子、ブレスを生かした甘い歌声で観客を魅了 初対面に岡田将生はすっかり緊張

ハワイ島の北にある、小さな日系移民の町・ホノカアを舞台に、この町にふとやってきた青年・レオと町の人々の心温まる交流、そして成長を描いた『ホノカアボーイ』。全編を通して、本場ハワイで撮影された優しい映像が流れる本作のエンディングに流れるのは、斉藤和義作曲で小泉今日子が歌う主題歌「虹が消えるまで」。3月5日(木)、公開に先駆けた本作の試写会にて、2人による同曲初のライヴセッションが実現し、主演の岡田将生、自身をモデルとした同名原作小説を手がけた吉田玲雄を交えた舞台挨拶が行われた。

page top