『パラノーマル・アクティビティ』作品情報

2010年1月30日 公開の映画作品

あらすじ

平凡な一軒家で幸せに暮らすある若いカップル。だがある晩、家の様子がいつもと変わっていることに気がつく。自分たちの家が何らかの悪霊にとりつかれているのではないかと疑った彼らは、それを立証するため家中にビデオカメラを設置する。真夜中、2人が眠りについた後、家では一体何が起こっているのか? ビデオには衝撃の映像が映っていた…。

スタッフ

監督

オーレン・ペリ

キャスト

作品データ

  • 2010年1月30日より全国にて公開
  • 原題Paranormal Activity
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

『パラノーマル・アクティビティ』関連記事

楽しんご、恐怖体験で“おぞましんご”に変身! 「自分でもブサイクだと思う」 画像
レポート

楽しんご、恐怖体験で“おぞましんご”に変身! 「自分でもブサイクだと思う」

低予算ながら世界的なヒットを記録し、新たな“超常現象”ブームを巻き起こした『パラノーマル・アクティビティ』の続編『パラノーマル・アクティビティ2』の日本公開を記念し、1月31日(月)、都内の試写室で人気急上昇中のオネエ系芸人・楽しんごが本作を鑑賞した。果たして超常現象を相手に「ラブ注入」できたのか? 取材に訪れたマスコミ陣は暗視カメラで、楽しんごさんの様子をウォッチング。恐怖に震えるその姿は“ガチ”で映画顔負けの怖さだったとか…。

中村蒼インタビュー 「最近、顔つきが変わったってよく言われます」 画像
インタビュー

中村蒼インタビュー 「最近、顔つきが変わったってよく言われます」

『BECK』、『パーフェクト・ブルー』、『大奥』、そして本作『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』と、今年公開された出演映画は計4本。“飛ぶ鳥を落とす勢い”とは、いまの中村蒼に最もふさわしい表現だ。圧巻のプレイでバンドを支えるドラマーから同性に憧れる江戸時代のお針子まで、常にチャレンジングな役柄に挑み続けてきた彼が、『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』で新たなる挑戦を見せている。

中村蒼の“かわいさ”が見どころ 『パラノーマル・アクティビティ』続編世界配給決定 画像
レポート

中村蒼の“かわいさ”が見どころ 『パラノーマル・アクティビティ』続編世界配給決定

映画『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』の大ヒット祈願イベントと完成披露試写会が11月4日(木)、東京・千代田区内で行われ、主演の中村蒼、ヒロイン役の青山倫子、長江俊和監督が出席した。

『パラノーマル・アクティビティ』続編は身動きの取れない美女を襲う恐怖! 画像
スクープ

『パラノーマル・アクティビティ』続編は身動きの取れない美女を襲う恐怖!

中村蒼主演で、日本を舞台に製作されることが発表された大ヒットホラー『パラノーマル・アクティビティ』の続編『パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT』の新たな画像が解禁! 物語の内容も少しずつ明らかになってきた。

ティーン・チョイス・アワード発表!2冠のサンドラ・ブロック、自身の十代を懐かしむ 画像
ゴシップ

ティーン・チョイス・アワード発表!2冠のサンドラ・ブロック、自身の十代を懐かしむ

全米のティーン(13歳から19歳)によるインターネット投票で、彼らの世代の人気者を選ぶ「2010年度ティーン・チョイス・アワード」が8日、ロサンゼルスのギブソン・アンフィシアターで開催され、映画やTV、音楽、スポーツ、ファッション界で活躍するスターたちが集った。

話題騒然『パラノーマル・アクティビティ』監督のメッセージ&戦慄の予告編が到着! 画像
インタビュー

話題騒然『パラノーマル・アクティビティ』監督のメッセージ&戦慄の予告編が到着!

いま、世界中を恐怖のどん底に突き落としている映画『パラノーマル・アクティビティ』。本作の“仕掛け人”である監督のオーレン・ペリが来日し、シネマカフェのためにコメントを寄せてくれた。恐怖の予告編と共にご覧あれ!

亀田興毅 全米大ヒットホラーに凍る「あかんやろ、夢に出る」 画像
レポート

亀田興毅 全米大ヒットホラーに凍る「あかんやろ、夢に出る」

ボクシングWBCフライ級王者の亀田興毅選手が12月21日(月)、東京・スペースFS汐留でホラー映画『パラノーマル・アクティビティ』(オーレン・ペリ監督)を鑑賞した。

無名ホラー映画が全米で“恐怖”の社会現象に 12館スタートからトップ5位へ! 画像
スクープ

無名ホラー映画が全米で“恐怖”の社会現象に 12館スタートからトップ5位へ!

いま、全米わずか12館から公開スタートした、1本のホラー映画がこの映画大国を震撼させている。全米各紙、評論化がこぞって“映画史に残るホラー映画”との太鼓判を押す『パラノーマル・アクティビティ』(原題)。10月9日からの週末興行収入において、159館という小規模の公開で“脅威”的な全米第5位という成績を記録し、社会現象を巻き起こしている。

page top