『アバター (2011)』作品情報

2011年4月30日 公開の映画作品

あらすじ

阿武隈川道子(橋本愛)は、父親を事故で亡くし、母・恭子(紺野まひる)と2人で暮らしていた。高校2年生の誕生日に母から携帯電話をもらった道子は、クラスを仕切っている阿波野妙子(坂田梨香子)から、SNSサイト“アバQ”に強制的に入会させられる。初めは“アバター”に興味を示さなかった道子だったが、あることをきっかけにどんどんのめりこんでいく。遂には、アバQ最大のイベントで見事ベストドレッサー賞を受賞する。やがて妙子に代わり「学園の女王」に君臨した道子は人格まで変わり、心に秘めた復讐を果たしていく…。

スタッフ

監督

和田篤司

キャスト

作品データ

  • 2011年4月30日よりシアターN渋谷ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 山田悠介/角川書店/「アバター」製作委員会
ジャンル
感情タグ
page top