ドラマ 『ラビット・ホール』作品情報

2011年11月5日 公開の映画作品

あらすじ

ニューヨーク郊外の邸宅で、何不自由のない日常を送っているかに見えるベッカ(ニコール・キッドマン)とハウイー(アーロン・エッカート)夫妻。だが、2人は絶望の淵にいた。8か月前、息子のダニーは走る犬を追いかけて、開け放たれた門扉から飛び出し、交通事故に遭ったのだ。ベッカは息子の面影から逃げ、ハウイーは息子との思い出に浸る。同じ悲しみを共有しながらも、2人の関係は少しずつほころび始める。そんなある日、ベッカは街で見覚えのある少年と遭遇する。彼はダニーの命を奪った車を運転していたジェイソンだった。ベッカは偶然を装い、ジェイソンの後を追うが…。第83回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた、ニコール・キッドマン主演・プロデュースを務めた、夫婦の絆の物語。

スタッフ

監督

ジョン・キャメロン・ミッチェル

キャスト

  • ニコール・キッドマンベッカ・コーベット
  • アーロン・エッカートハウイー・コーベット
  • ダイアン・ウィーストナット
  • タミー・ブランチャードイジー
  • マイルズ・テラージェイソン

作品データ

  • 2011年11月5日よりTOHOシネマズ シャンテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開
  • 原題RABBIT HOLE
  • 製作年2010
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間92分
  • 映倫区分PG12
  • 配給会社ロングライド
  • クレジット© 2010 OP EVE 2, LLC. All rights reserved.

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『ラビット・ホール』関連記事

“母”ニコール・キッドマンが語る「どんな苦痛に見舞われてもユーモアを失わない」 画像
インタビュー

“母”ニコール・キッドマンが語る「どんな苦痛に見舞われてもユーモアを失わない」

深い深い悲しみの穴の先に見える、未知なる瞬間とは——。ある日突然、最愛の息子を失った一組の夫婦のやり場のない悲しみと喪失、それでも進む彼らの時間をとらえた珠玉の人間ドラマ『ラビット・ホール』がまもなく公開となる。本作で初めてプロデューサーを務め、またこれまでに見たことのない“母”の感情をあらわにし、入魂の演技で喝采を浴びた女優、ニコール・キッドマンがそのあふれる思いを口にした。

ニコール・キッドマン、8年ぶりのオスカー返り咲き『ラビット・ホール』が公開決定! 画像
スクープ

ニコール・キッドマン、8年ぶりのオスカー返り咲き『ラビット・ホール』が公開決定!

『めぐりあう時間たち』以来8年ぶりに、ニコール・キッドマンがアカデミー賞主演女優賞ノミネートを果たした渾身の一作『ラビット・ホール』が、このほど11月5日(土)に日本公開されることが決定した。

コメディにスリラー、シリアスものまで…N・キッドマン 豪華俳優陣と共演 画像
ゴシップ

コメディにスリラー、シリアスものまで…N・キッドマン 豪華俳優陣と共演

ニコール・キッドマンが現在、文豪アーネスト・ヘミングウェイとその妻だったマーサ・ゲルホーンを描くHBOのTVドラマ「Hemingway & Gellhorn」(原題)を撮影中だ。

page top