ドラマ/ SF 『メランコリア』作品情報

2012年2月17日 公開の映画作品

あらすじ

巨大惑星メランコリアの異常接近によって終末を迎えようとしている地球。新婦のジャスティンは新郎のマイケルとともに、結婚パーティが行われる姉夫婦の邸宅へと向かっていた。しかしリムジンが立ち往生してしまい、2人は大幅に遅刻することに。なんとか着いたものの、情緒不安定なジャスティンはわがままな振る舞いで周囲を困惑させてしまう。それから7週間後、惑星メランコリアはいよいよ地球へと迫り...。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ラース・フォン・トリアー

キャスト

  • キルスティン・ダンストジャスティン
  • シャルロット・ゲンズブールクレア
  • アレキサンダー・スカルスガルドマイケル
  • キーファー・サザーランドジョン

作品データ

  • 2012年2月17日よりTOHOシネマズ渋谷、TOHOシネマズみゆき座ほか全国にて公開
  • 原題Melancholia
  • 製作年2011
  • 製作国デンマーク,スウェーデン,フランス,ドイツ
  • 上映時間135分
  • 映倫区分G
  • 配給会社ブロードメディア・スタジオ
  • クレジット© 2011 Zentropa Entertainments ApS27
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『メランコリア』関連記事

キルスティン・ダンスト、「H&M」×ハイブランドの“ずぼらテク”を明かす 画像
ゴシップ

キルスティン・ダンスト、「H&M」×ハイブランドの“ずぼらテク”を明かす

『スパイダーマン』3部作のヒロイン役で知られる、キルスティン・ダンストがフランスの服飾ブランドにご執心なようだ。

賛否両論の声が続出…トリアー監督自らパニックの『メランコリア』の“衝撃” 画像
スクープ

賛否両論の声が続出…トリアー監督自らパニックの『メランコリア』の“衝撃”

デンマークが生み出した類まれなる鬼才、ラース・フォン・トリアーが贈る問題作『メランコリア』が日本でも公開を迎えた。その過激で異端な作風と同様に、常に挑発的な言動が賛否を呼んできた彼が最新作で描き上げたのは「世界の終わり」。自らのうつ病体験を投影させた本作について「この映画は、甘いクリームの上にクリームを重ねたような映画だ。女性の映画なのだ」と語るトリアー監督。果たして、その意味するものとは——?

3人の視線の先に映る“世界の終わり”は…『メランコリア』ポスタービジュアル解禁! 画像
スクープ

3人の視線の先に映る“世界の終わり”は…『メランコリア』ポスタービジュアル解禁!

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞し、その名を知らしめた鬼才、ラース・フォン・トリアー監督の最新作であり、先日第24回ヨーロッパ映画賞にて最優秀作品賞を受賞した衝撃作『メランコリア』。本作のポスタービジュアルがこのほど解禁となった。

【カンヌレポート9】パルムドールはブラピ主演作! 日本作品は受賞を逃す結果に  画像
レポート

【カンヌレポート9】パルムドールはブラピ主演作! 日本作品は受賞を逃す結果に

第64回カンヌ国際映画祭の授賞式が22日夜〈現地時間)に行われ、テレンス・マリック監督(米)の『ツリー・オブ・ライフ』が、最高賞パルムドールに輝いた。

page top