サスペンス/ ドラマ 『嘆きのピエタ』作品情報

2013年6月15日 公開の映画作品 劇場公開

あらすじ

天涯孤独で冷酷無比な借金取りの男の前に、突然母親だと名乗る女が現れる。謎だらけの女を疑いながらも無償に注がれる愛に凍てついた男の心も溶け出していくのだが…。常識を覆す二転三転のドンデン返し。そして魂が揺さぶられるあまりに美しいラストシーン。鬼才キム・ギドクが世界の頂点に立った衝撃作。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・製作

キム・ギドク

キャスト

  • チョ・ミンスミソン
  • イ・ジョンジンガンド
  • ウ・ギホンフンチョル
  • カン・ウンジンミョンジャ(フンチョルの妻)
  • クォン・セインギターの男

作品データ

  • 2013年6月15日より公開
  • 原題Pieta
  • 公開日 2013年6月15日
  • 製作年2012
  • 製作国韓国
  • 上映時間104分
  • 映倫区分R15+
  • 配給会社キングレコード、ハピネットファントム・スタジオ、クレストインターナショナル
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『嘆きのピエタ』関連記事

【美的アジア】『嘆きのピエタ』赤と緑のギドクカラーから読み解く「復讐と愛の物語」 画像
コラム

【美的アジア】『嘆きのピエタ』赤と緑のギドクカラーから読み解く「復讐と愛の物語」

キム・ギドク監督作品『嘆きのピエタ』。北野武監督作『アウトレイジ ビヨンド』や、ポール・トーマス・アンダーソン監督作『ザ・マスター』などを抑え、第69回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞した本作が、現在公開中です。

『嘆きのピエタ』キム・ギドク監督がインスピレーションを得た…ルネサンス美術の世界 画像
スクープ

『嘆きのピエタ』キム・ギドク監督がインスピレーションを得た…ルネサンス美術の世界

韓国映画として初めてヴェネチア国際映画祭グランプリ「金獅子賞」を受賞した、鬼才キム・ギドクの新作『嘆きのピエタ』。

鬼才キム・キドク監督が放つ問題作『嘆きのピエタ』試写会に10組20名様をご招待 画像
イベント

鬼才キム・キドク監督が放つ問題作『嘆きのピエタ』試写会に10組20名様をご招待

債務者に重症を負わせ、保険金で返済させるという異常な手段で借金を取り立てる男。孤独に生きる男の前に、幼い頃に男を…

【予告編】『嘆きのピエタ』 画像
スクープ

【予告編】『嘆きのピエタ』

債務者に重症を負わせ、保険金で返済させるという異常な手段で借金を取り立てる男。孤独に生きる男の前に、…

キム・ギドク監督の最新作、邦題『嘆きのピエタ』で6月に日本公開決定! 画像
スクープ

キム・ギドク監督の最新作、邦題『嘆きのピエタ』で6月に日本公開決定!

韓国の鬼才、キム・キドク監督の待望の最新作の邦題が決定! 『嘆きのピエタ』のタイトルで6月より日本公開されることが…

【美的アジア】2013年は話題の韓国映画が目白押し。韓国映画業界の舞台裏に迫る! 画像
コラム

【美的アジア】2013年は話題の韓国映画が目白押し。韓国映画業界の舞台裏に迫る!

2013年。今年もアジアの様々な国の映画が日本公開を控える中、注目すべきなのが「韓国映画」。

“映画界の仙人”キム・ギドク監督最新作『ピエタ』 快進撃の裏には果てしない映画愛 画像
スクープ

“映画界の仙人”キム・ギドク監督最新作『ピエタ』 快進撃の裏には果てしない映画愛

山奥の小屋に住み、仙人のような暮らしをしながら世界の人々を唸らせる作品を次々と発表している韓国が誇る奇才にして鬼才、キム・ギドク。最新作『ピエタ』が、本年度ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞、さらに12月16日(現地時間)に発表された第17回サテライト・アワードで外国語映画賞受賞に輝き、再び世界に一石を投じようとしている。

page top