『蜩ノ記』作品情報

2014年10月4日 公開の映画作品

あらすじ

城内で旧知の友と刃傷沙汰を起こしてしまった檀野庄三郎(だんのしょうざぶろう・岡田准一)は、罪を免れ、家老・中根兵右衛門から藩命を受ける。それは、7年前に側室と不義密通し小姓を斬り捨てるという、前代未聞の事件を起こした罪で幽閉されている戸田秋谷(とだしゅうこく・役所広司)を3年後の切腹まで監視せよ、というものだった。秋谷は前藩主から、藩の歴史である「家譜」の完成を命ぜられていた。監視の内容とは、7年前の事件がそこにどう書かれているか報告し、藩の秘め事を知る秋谷が逃亡を企てたときは妻子ともども容赦なく斬り捨てよ、というものだった。幽閉中の秋谷を訪ねた庄三郎は、秋谷の娘・戸田薫(とだかおる・堀北真希)、妻・戸田織江(とだおりえ・原田美枝子)、息子・郁太郎と出会い、生活をともにし始める…。

スタッフ

監督

小泉堯史

キャスト

  • 役所広司
  • 岡田准一
  • 堀北真希
  • 原田美枝子

作品データ

  • 2014年10月4日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2014「蜩ノ記」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『蜩ノ記』関連記事

岡田准一も「カッコいい」と惚れる野上照代、辛口コメントでスタッフ・キャストをねぎらう! 画像
スクープ

岡田准一も「カッコいい」と惚れる野上照代、辛口コメントでスタッフ・キャストをねぎらう!

故・黒澤明監督の愛弟子として知られる小泉堯史監督による本格時代劇『蜩ノ記』が観客動員数50万人を突破し、10月15日(木)、東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇にて、小泉監督ほか、主演の役所広司、岡田准一、堀北真希による…

岡田准一、黒澤組の名スクリプターからの激励に「カッコいい!」と感激! 画像
レポート

岡田准一、黒澤組の名スクリプターからの激励に「カッコいい!」と感激!

映画『蜩ノ記(ひぐらしのき)』が10月4日(土)に公開を迎え、主演の役所広司を始め、岡田准一、堀北真希、原田美枝子、小泉堯史監督が舞台挨拶に登壇した。

役所広司と原田美枝子が映画界への功績で“手形”を作成! 岡田准一「いつかは僕らも」 画像
レポート

役所広司と原田美枝子が映画界への功績で“手形”を作成! 岡田准一「いつかは僕らも」

映画『蜩ノ記』に出演する役所広司と原田美枝子が、長年の映画界への貢献を称えられ、東京・日比谷の「合歓(ねむ)の広場」にその手形が飾られることになり、10月4日(土)、共演の岡田准一、堀北真希らに…

【インタビュー】堀北真希の10年 「なかなかうまくいかない。たまにうまくいったなと感じます」 画像
インタビュー

【インタビュー】堀北真希の10年 「なかなかうまくいかない。たまにうまくいったなと感じます」

全員とは言わないが「この10年を振り返って」という問いをぶつけると、多くの人からは「あっという間だった」「気が付いたら10年経っていました」といった答えが返ってくる。

岡田准一、役所広司の“涙”を暴露 「岡田君だって泣いていた」と反撃食らう 画像
レポート

岡田准一、役所広司の“涙”を暴露 「岡田君だって泣いていた」と反撃食らう

俳優の役所広司と岡田准一が10月1日、共演作『蜩ノ記』の特別試写会に出席した。岡田さんが「試写を観ていたら、横で役所さんが号泣されていた」と暴露すると…

役所広司、黒澤明の愛弟子たちと会見 日本映画に尽力する覚悟を明かす! 画像
レポート

役所広司、黒澤明の愛弟子たちと会見 日本映画に尽力する覚悟を明かす!

9月18日(木)、映画『蜩ノ記』の記者会見が日本外国特派員協会にて行われ、小泉堯史監督、主演の役所広司、そして、黒澤明の製作チームで記録係を担当していた野上照代が登壇した。

美智子さまのご感想に役所広司、岡田准一らキャスト陣感激 画像
レポート

美智子さまのご感想に役所広司、岡田准一らキャスト陣感激

映画『蜩の記』の東日本大震災復興支援チャリティー試写会が9月10日(水)に開催され、美智子皇后陛下が一般の観客と共に映画をご高覧になった。

【ご招待】『蜩ノ記』試写会に20組40名様 画像
イベント

【ご招待】『蜩ノ記』試写会に20組40名様

〆切り:9月12日(金)

役所広司&岡田准一&堀北真希、時代劇『蜩ノ記(ひぐらしのき)』で共演!  画像
スクープ

役所広司&岡田准一&堀北真希、時代劇『蜩ノ記(ひぐらしのき)』で共演! 

2012年の「直木賞」を受賞し、時代劇としては異例の20万部突破を記録している葉室麟(はむろりん)原作のベストセラー小説「蜩ノ記」(ひぐらしのき)が役所広司、岡田准一、堀北真希、原田美枝子の豪華キャストで映画化されることがこのたび決定した。

page top