『悼む人』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

地に跪き、右手を頭上に挙げて空中に漂う何かを捕らえるように自分の胸へ運ぶ。左手は地面すれすれに下ろして大地の息吹をすくうかのように胸へ運び、右手の上に重ねる。そのまま、目を閉じて、何かを唱えるように唇を動かす青年。週刊誌記者・蒔野抗太郎が出逢った坂築静人(高良健吾)は、そうして死者を“悼む”ために全国を放浪している男だった。だが、人の善意を信じられぬ、猜疑心の塊のような蒔野は、静人の不可解な行動(=悼み)に疑念を持ち、彼の身辺を調べ始める。

スタッフ

監督

堤幸彦

キャスト

  • 高良健吾
  • 石田ゆり子
  • 井浦新
  • 貫地谷しほり
  • 椎名桔平
  • 大竹しのぶ

作品データ

  • 2015年2月14日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2015「悼む人」製作委員会/天童荒太
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『悼む人』関連記事

高良健吾、石田ゆり子からのサプライズ“チョコ
レポート

高良健吾、石田ゆり子からのサプライズ“チョコ"をガブリ!

映画『悼む人』が2月14日(土)に公開され、主演の高良健吾をはじめ、石田ゆり子、井浦新、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶ、堤幸彦監督が舞台挨拶に登壇。高良さんにサプライズで共演陣ひとりひとりからバレンタインの…

【インタビュー】高良健吾  命を見つめた10年 幾多の“死”を乗り越え、永遠を刻みつける 画像
インタビュー

【インタビュー】高良健吾 命を見つめた10年 幾多の“死”を乗り越え、永遠を刻みつける

まるで絵本の「100万回生きたねこ」である。死んでは生まれ変わり、違う人生を歩む猫。作品ごとに全く違う人物の人生を生きる役者の仕事は、それと似ているかもしれない。演じている役柄が死を迎えることは何も珍しいことではない。

貫地谷しほり「年上なのに妹役」と恐縮 “年下”高良健吾の妹を演じる 画像
レポート

貫地谷しほり「年上なのに妹役」と恐縮 “年下”高良健吾の妹を演じる

第140回直木賞を受賞した天童荒太のベストセラー小説を映画化した『悼む人』の完成披露試写会が1月26日(月)、都内で行われ、天童氏をはじめ、主演の高良健吾、共演する石田ゆり子、貫地谷しほり、大竹しのぶ…

『悼む人』高良健吾、 石田ゆり子とのラブシーンは「パッション」 画像
レポート

『悼む人』高良健吾、 石田ゆり子とのラブシーンは「パッション」

俳優の高良健吾が1月26日(月)、主演作『悼む人』の完成報告会見に共演する石田ゆり子とともに出席。クライマックスで2人が披露するラブシーンについて「パッションです」と語ると、石田さんは「私が言ったコメント、取られた(笑)」と苦情(!?)を入れた。

高良健吾・主演『悼む人』2種類の予告編が解禁!  画像
邦画ニュース

高良健吾・主演『悼む人』2種類の予告編が解禁! 

2012年に向井理・主演で舞台化された天童荒太の直木賞受賞作を、今度は高良健吾を主演に迎え映画化する『悼む人』。このほど、本作から2種類の予告編が到着した。

高良健吾、俳優生活10年目で挑む『悼む人』への特別な思い吐露 画像
レポート

高良健吾、俳優生活10年目で挑む『悼む人』への特別な思い吐露

天童荒太の直木賞受賞のベストセラーを映画化した『悼む人』の完成報告会見が12月1日(月)に開催され、原作者の天童さんに堤幸彦監督、主演の高良健吾、石田ゆり子、貫地谷しほり、椎名桔平、大竹しのぶが出席した。

大竹しのぶ、高良健吾の母親役に…映画『悼む人』追加キャスト&特報解禁 画像
邦画ニュース

大竹しのぶ、高良健吾の母親役に…映画『悼む人』追加キャスト&特報解禁

来年の大河ドラマ「花燃ゆ」への出演が決まっている高良健吾と3年ぶりの映画出演となる石田ゆり子が共演する天童荒太の直木賞受賞作の映画化…

高良健吾&石田ゆり子、堤幸彦監督で『悼む人』映画化に出演決定! 画像
スクープ

高良健吾&石田ゆり子、堤幸彦監督で『悼む人』映画化に出演決定!

2012年、向井理・主演で舞台化された天童荒太の直木賞受賞作「悼む人」が、高良健吾を主演に迎え映画化されることが決定! 原作に感動し、舞台版の監督に挑んだ堤幸彦がメガホンを取り…

向井理「まだ迷っている…」 主演舞台「悼む人」初日を前に胸中明かす 画像
レポート

向井理「まだ迷っている…」 主演舞台「悼む人」初日を前に胸中明かす

俳優の向井理が10月18日(木)、東京・渋谷のPARCO劇場で行われた主演舞台「悼む人」の最終舞台稽古を前に、共演する小西真奈美、手塚とおる、真野恵里菜、伊藤蘭、そして演出を手掛ける堤幸彦監督と共に取材に応じた。原作は天童荒太氏が7年の歳月をかけて書き上げ、第140回直木賞を受賞した同名小説。向井さんは、死者を“悼む”全国放浪の旅を続ける主人公・坂築静人を演じており、「とても難しい役柄で、まだ迷っている状態だが、舞台ならではのプレッシャーを楽しみながら、しっかり着地していければ」と初演を翌日に控えた、いまの胸中を率直に語った。

page top