『東京無国籍少女』作品情報

2015年7月25日 公開の映画作品

あらすじ

そこは女子美術高等専門学校。日々、創作活動に取り組む生徒たち。その中に、かつて天才と持て囃された藍(清野菜名)が居た。彼女は事故で怪我を負った影響で心に傷を抱えてしまい、今では眠ることも出来ず、授業もドロップアウトし、ただ一人、謎のオブジェを作り続けていた。そんな藍を再び広告塔として利用するため全てを黙認し、決して学園の外に出そうとしない教頭(本田博太郎)。特別扱いされる藍を苦々しく思う担任教師(金子ノブアキ)と、嫉妬を募らせる同級生たち。降りかかる執拗なイジメと嫌がらせの中、唯一、彼女の身を案じる保険医(りりィ)にも心を開かない藍。やがて、心休まらない憂鬱な日々は、藍の中で目覚めた「なにか」によって崩れ始める…。群発する地震。響く大量の鳥の羽音。学園内に流れ続けるクラシック音楽。そして繰り返される謎の声…お前はなぜ、ここにいる?

スタッフ

監督

押井守

キャスト

作品データ

  • 2015年7月25日より新宿バルト9ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2015東映ビデオ
ジャンル
感情タグ

『東京無国籍少女』関連記事

押井守監督、現場で冗談連発も清野菜名&女子高生たちは気づかず華麗にスルー? 画像
レポート

押井守監督、現場で冗談連発も清野菜名&女子高生たちは気づかず華麗にスルー?

押井守監督最新作『東京無国籍少女』が7月25日(土)に公開を迎え、押井監督に主演の清野菜名、田中日奈子、吉永アユリ、花影花音が舞台挨拶に登壇した。

【インタビュー】「女優を辞めようと思った」清野菜名を挫折の淵から救った、運命的出会いとは 画像
インタビュー

【インタビュー】「女優を辞めようと思った」清野菜名を挫折の淵から救った、運命的出会いとは

運命を変えるものに、人は必ずどこかで出会っている。映画『東京無国籍少女』で映画初主演を飾った女優の清野菜名が辿って来た道のりを俯瞰すると、それがよくわかる。女優に憧れて愛知県から上京してきた一人の少女は、

押井守監督、清野菜名を主演に抜擢の理由は「人を殺しそうな可能性を感じた」!? 画像
レポート

押井守監督、清野菜名を主演に抜擢の理由は「人を殺しそうな可能性を感じた」!?

押井守監督最新作『東京無国籍少女』のトークイベントが7月16日(木)に都内で開催され、押井監督、主演の清野菜名、共演の金子ノブアキが出席した。

【予告編】清野菜名、血まみれ過激アクションを披露!『東京無国籍少女』 画像
邦画ニュース

【予告編】清野菜名、血まみれ過激アクションを披露!『東京無国籍少女』

押井守が監督を務め、園子温監督作『TOKYO TRIBE』への出演で注目を集めた清野菜名が主演を務める『東京無国籍長女』の新トレーラーと場面写真がこのほど解禁となった。

押井守『東京無国籍少女』海外オファー続々! ヒロイン清野菜名の笑顔も解禁 画像
邦画ニュース

押井守『東京無国籍少女』海外オファー続々! ヒロイン清野菜名の笑顔も解禁

押井守監督の実写最新作にして、『TOKYO TRIBE』の清野菜名が初主演するソリッドシチュエーション・スリラー『東京無国籍少女』。この期待の取り合わせに、海外の映画祭から、続々と招待オファー

【予告編】押井守実写最新作『東京無国籍少女』、主演・清野菜名が血まみれに… 画像
邦画ニュース

【予告編】押井守実写最新作『東京無国籍少女』、主演・清野菜名が血まみれに…

『機動警察パトレイバー』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』などで知られる押井守監督実写最新作『東京無国籍少女』…

page top