アニメ/ ファンタジー 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』作品情報

2019年12月20日 公開の映画作品

あらすじ

かつてドラゴンは人間の敵だった。弱虫のバイキングの少年“ヒック”と、傷ついたドラゴン“トゥース”の活躍で彼らは共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。だが、ドラゴンが増え続けたバーク島は定員オーバーに。 亡き父の跡を継ぎ、若きリーダーに成長したヒックは、島を捨て、ドラゴンたちと新天地を探し求める決断をする。そして彼らが辿り着いたのは、人間は住めないドラゴンたちだけの<隠された王国>だった―! “ヒック”と“トゥース”は別れる運命なのか?今、人間とドラゴンの友情が試されるー。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』本予告 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』本予告
  • 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』特報 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』特報

スタッフ

監督 ・脚本 ・制作

ディーン・デュボア

制作

クリス・サンダース

制作

ボニー・アーノルド

キャスト

  • ジェイ・バルチェルヒック
  • アメリカ・フェレーラアスティ
  • ケイト・ブランシェットヴァルカ
  • ジェラルド・バトラーストイック
  • F・マーレイ・エイブラハムグリメル

作品データ

  • 2019年12月20日よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開
  • 原題HOW TO TRAIN YOUR DRAGON:THE HIDDEN WORLD
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分G
  • 配給会社東宝東和、ギャガ
  • クレジット© 2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.
  • 劇場情報
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』関連記事

アニー賞ノミネーション発表 『天気の子』など日本3作品が候補に 画像
ゴシップ

アニー賞ノミネーション発表 『天気の子』など日本3作品が候補に

第47回アニー賞のノミネーションが発表された。

過去シリーズをおさらい!初心者&ファン必見の『ヒックとドラゴン』特別映像 画像
洋画ニュース

過去シリーズをおさらい!初心者&ファン必見の『ヒックとドラゴン』特別映像

『ボス・ベイビー』のドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描いた『ヒックとドラゴン  聖地への冒険』から、過去シリーズを簡単にふり返ることができる『ヒックとドラゴン』シリーズおさらい映像が解禁となった。

【ご招待】『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』試写会に10組20名様 画像
イベント

【ご招待】『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』試写会に10組20名様

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』試写会に10組20名様をご招待。応募期間は11月25日(月)12時まで。

『ヒックとドラゴン』監督、宮崎駿作品の影響明かす…熱気冷めやらぬQ&Aに歓喜 画像
レポート

『ヒックとドラゴン』監督、宮崎駿作品の影響明かす…熱気冷めやらぬQ&Aに歓喜

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』が第32回東京国際映画祭にて特別上映。製作・監督・脚本のディーン・デュボア監督が、映画を観終えたばかりの観客と熱いQ&Aを行った。

松重豊、アニメ作品初の悪役に挑戦!『ヒックとドラゴン』本予告も解禁 画像
洋画ニュース

松重豊、アニメ作品初の悪役に挑戦!『ヒックとドラゴン』本予告も解禁

『ボス・ベイビー』のドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描いた『ヒックとドラゴン  聖地への冒険』から、予告映像が到着。併せて、吹き替えキャストに松重豊が加わることが決定した。

“幻の場所”を求め空と海を超えお引越し…『ヒックとドラゴン』最新作特報 画像
洋画ニュース

“幻の場所”を求め空と海を超えお引越し…『ヒックとドラゴン』最新作特報

ドリームワークスが“人間とドラゴン”の新たな冒険を史上空前のスケールで描く、世界54か国でNo.1メガヒットを記録した待望のシリーズ最新作『ヒックとドラゴン  聖地への冒険』から、特報映像とポスタービジュアルが解禁になった。

人間とドラゴンの友情がついに完結…『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』邦題&公開日決定! 画像
洋画ニュース

人間とドラゴンの友情がついに完結…『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』邦題&公開日決定!

ドリームワークス・アニメーションが、少年とドラゴンの友情と冒険を描く3Dアニメーション『ヒックとドラゴン』。そのシリーズの最新作が、『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』の邦題で12月20日(金)に日本公開されることが決まった。

page top