アクション/ 歴史劇 『マニカルニカ ジャーンシーの女王』作品情報

2020年1月3日 公開の映画作品

あらすじ

ヴァラナシで僧侶の娘に生まれたマニカルニカは、ビトゥールの宰相に育てられ、幼い時から武士階級の男子同様に剣や弓、乗馬を習って成長した。その勇敢な行動を見かけたジャーンシー藩王国の大臣から、藩王ガンガーダル・ラーオとの縁談が持ち込まれ、やがてマニカルニカはジャーンシーに嫁ぐ。藩王は彼女にラクシュミーという名を与え、マニカルニカは人々からラクシュミー・バーイーと呼ばれて親しまれる。しかし、生まれた王子は夭折し、親戚の幼い男児を養子に迎えたものの、間もなく藩王が病死してしまう。その機に乗じてイギリスは藩王国を併合、ラクシュミーは城を後にする。だが1857年にインド大反乱が勃発すると、ラクシュミーも呼応して蜂起、国のため、民のため、戦いの場へと歩を進める!

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『マニカルニカ ジャーンシーの女王』予告 『マニカルニカ ジャーンシーの女王』予告

スタッフ

監督

ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ

キャスト

  • カンガナー・ラーナーウトマニカルニカ
  • ジーシュ・セーングプタガンガーダル・ラーオ
  • スレーシュ・オベロイ
  • アトゥル・クルカルニー

作品データ

  • 2020年1月3日より新宿ピカデリーにて2週間限定公開
  • 原題Manikarnika The Queen of Jhansi
  • 製作年2019
  • 製作国インド
  • 上映時間148分
  • 映倫区分PG12
  • 配給会社ツイン
  • クレジットⒸEsselvisionproduction(p) (LTD)
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top