『PLAY 25年分のラストシーン』作品情報

2020年11月6日 公開の映画作品

あらすじ

1993年、パリ。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、陽気で温かい家族の姿や友人たちとの日々を撮り始める。それは彼のライフワークともいえる趣味になっていった。38歳になったマックスは、撮りためた25年に及ぶ映像を振り返り、編集する。エマと初めて会った日のこと、仲間との夜遊び、旅行、サッカーW杯、ミレニアム、挫折、成功――そこにはいつも一緒に過ごしていた4人の仲間たちとの日々、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに「映画」のラストシーンを準備する――。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『PLAY 25年分のラストシーン』 『PLAY 25年分のラストシーン』

スタッフ

監督 ・脚本

アントニー・マルシアーノ

脚本

マックス・ブーブリル

キャスト

  • マックス・ブーブリルマックス
  • アリス・イザーズ
  • マリック・ジディ
  • アルチュール・ペリエ
  • ノエミ・ルヴォウスキー

作品データ

  • 2020年11月6日 新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA、kino cinéma立川髙島屋S.C.館ほか全国公開
  • 原題PLAY
  • 製作年2018
  • 製作国フランス
  • 上映時間108分
  • 映倫区分PG12
  • 配給会社シンカ/アニモプロデュース
  • クレジット©2018 CHAPTER 2 - MOONSHAKER II - MARS FILMS - FRANCE 2 CINÉMA - CHEZ WAM - LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER
ジャンル
感情タグ

『PLAY 25年分のラストシーン』関連記事

盟友、名女優を起用『PLAY』監督がキャスティングをふり返る 画像
洋画ニュース

盟友、名女優を起用『PLAY』監督がキャスティングをふり返る

フランス映画『PLAY 25年分のラストシーン』。11月6日(金)の日本公開に先立ち、本作の監督アントニー・マルシアーノにオンライン取材を行い、本作への思いを語ってもらった。

『PLAY 25年分のラストシーン』2000年を迎えるミレニアムの夜、素直になれない告白シーン到着 画像
洋画ニュース

『PLAY 25年分のラストシーン』2000年を迎えるミレニアムの夜、素直になれない告白シーン到着

25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないでふり返っていく『PLAY 25年分のラストシーン』から、当時、世界中が大興奮した2000年を迎える“ミレニアムカウントダウン”と、その後の素直になれない告白シーンをとらえた本編映像が到着。

『おもかげ』『PLAY』が連続日本公開、フランスの新鋭ジュール・ポリエに注目 画像
洋画ニュース

『おもかげ』『PLAY』が連続日本公開、フランスの新鋭ジュール・ポリエに注目

『おもかげ』の注目ポイントのひとつが、主人公エレナの相手役となる少年ジャンを演じる新鋭ジュール・ポリエ。この秋出演作の日本公開が相次ぎ、今後の飛躍が期待される彼の魅力を本人のコメントも交えながら大解剖。

フランス映画『PLAY』新公開日決定、小野賢章ナレ予告公開 画像
洋画ニュース

フランス映画『PLAY』新公開日決定、小野賢章ナレ予告公開

『PLAY 25年分のラストシーン』の新たな公開日が11月6日(金)に決定。人気声優・小野賢章がナレーション参加した予告編も到着した。

『レミゼ』『白雪姫』から『アバウト・タイム』超えのラブコメまで…注目のフランス映画4選 画像
洋画ニュース

『レミゼ』『白雪姫』から『アバウト・タイム』超えのラブコメまで…注目のフランス映画4選

ハリウッド映画とはまた違った魅力があるフランス映画。2020年に特に注目すべき4作をピックアップした。

25年分のホームビデオを紡いだ“再生”の物語『PLAY 25年分のラストシーン』公開 画像
洋画ニュース

25年分のホームビデオを紡いだ“再生”の物語『PLAY 25年分のラストシーン』公開

25年分のホームビデオの映像をつないでふり返る斬新な試みで贈るフランス映画『PLAY 25年分のラストシーン』が公開決定。日本版ポスタービジュアルが解禁された。

page top