ロマンス/ ファンタジー 『水を抱く女』作品情報

2021年3月26日 公開の映画作品

あらすじ

ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人のヨハネスが別の女性に心移りし、悲嘆にくれていたウンディーネの前に、愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。数奇な運命に導かれるように、惹かれ合うふたりだったが、次第にクリストフはウンディーネが何かから逃れようとしているような違和感を覚え始める。そのとき、彼女は自らの宿命に直面しなければならなかった…。官能的なバッハの旋律にのせて、繊細に描写されるミステリアスな愛の叙事詩。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『水を抱く女』予告 『水を抱く女』予告
  • 『水を抱く女』予告 『水を抱く女』予告

スタッフ

監督・脚本

クリスティアン・ペッツォルト

キャスト

  • パウラ・ベーアウンディーネ
  • フランツ・ロゴフスキクリストフ

作品データ

  • 2021年3月26日より新宿武蔵野館、アップリンク吉祥寺ほか全国にて公開
  • 原題Undine
  • 製作年2020
  • 製作国ドイツ・フランス
  • 上映時間90分
  • 映倫区分G
  • 配給会社彩プロ
  • クレジット© SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinéma 2020
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『水を抱く女』関連記事

“水の精ウンディーネ”パウラ・ベーア、監督&共演者を「深く信頼している」『水を抱く女』 画像
洋画ニュース

“水の精ウンディーネ”パウラ・ベーア、監督&共演者を「深く信頼している」『水を抱く女』

『水を抱く女』の主人公ウンディーネを演じたパウラ・ベーアから日本公開にむけてのオフィシャルインタビューが到着。

黒沢清「官能も恐怖も申し分なし」“水の精”描く『水を抱く女』にコメント&新場面写真も 画像
洋画ニュース

黒沢清「官能も恐怖も申し分なし」“水の精”描く『水を抱く女』にコメント&新場面写真も

『水を抱く女』から、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したパウラ・ベーアの新場面写真8点と、黒沢清監督ほか各界からの絶賛コメントが到着。

【ご招待】『水を抱く女』オンライン試写会30名様 画像
イベント

【ご招待】『水を抱く女』オンライン試写会30名様PR

〆切り:3月10日(水)

切ない宿命を背負った“水の精”と男の出逢い…『水を抱く女』日本版予告 画像
洋画ニュース

切ない宿命を背負った“水の精”と男の出逢い…『水を抱く女』日本版予告

ドイツを代表する名匠クリスティアン・ペッツォルト監督の最新作で、第70回ベルリン国際映画祭・銀熊賞(最優秀女優賞)と国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI賞)をW受賞した『水を抱く女』から、日本版予告編とメインビジュアルが解禁となった。

ベルリンでW受賞、「人魚姫」のモデル“水の精”を大胆に映画化『水を抱く女』3月公開 画像
洋画ニュース

ベルリンでW受賞、「人魚姫」のモデル“水の精”を大胆に映画化『水を抱く女』3月公開

ドイツの名匠クリスティアン・ペッツォルト監督の最新作『水を抱く女』が公開決定、魅惑的な“水の精”の神話がモチーフ。

page top