ヒューマン/ ドラマ 『やすらぎの森』作品情報

2021年5月21日 公開の映画作品

あらすじ

カナダ・ケベック州、人里離れた深い森。湖のほとりにたたずむ小屋で、年老いた3人の男性が愛犬たちと一緒に静かな暮らしを営んでいた。それぞれの理由で社会に背を向け、世捨て人となった彼らの前に、思いがけない来訪者が現れる。その 80 歳の女性ジェルトルードは、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60 年以上も外界と隔絶した生活を強いられてきた。世捨て人たちに受け入れられたジェルトルードは、マリー・デネージュという新たな名前で新たな人生を踏み出し、澄みきった空気を吸い込みながら、日に日に活力を取り戻していく。しかし、その穏やかで温かな森の日常を揺るがす緊急事態が巻き起こり、彼らは重大な決断を迫られていくのだった…。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『やすらぎの森』予告 『やすらぎの森』予告

スタッフ

監督・脚本

ルイーズ・アルシャンボー

キャスト

  • アンドレ・ラシャペルジェルトルード/マリー・デネージュ
  • ジルベール・スィコットチャーリー
  • レミー・ジラールトム

作品データ

  • 2021年5月21日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題Il Pleuvait des Oiseaux
  • 公開日 2021年5月21日
  • 製作年2019
  • 製作国カナダ
  • 上映時間126分
  • 映倫区分G
  • 配給会社エスパース・サロウ
  • クレジット© 2019 - les films insiders inc. - une filiale des films OUTSIDERS inc.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『やすらぎの森』関連記事

【インタビュー】『やすらぎの森』は「誰にでも当てはまる物語」ケベック出身の監督が惹かれたテーマ語る 画像
洋画ニュース

【インタビュー】『やすらぎの森』は「誰にでも当てはまる物語」ケベック出身の監督が惹かれたテーマ語る

カナダ・ケベックの人里離れた深い森を舞台に人生の晩年をいかに生きるかを観る者に投げかける映画『やすらぎの森』から、ルイーズ・アルシャンボー監督のインタビューが到着。

「かなり冒険」『やすらぎの森』監督が撮影ふり返る映像公開 画像
洋画ニュース

「かなり冒険」『やすらぎの森』監督が撮影ふり返る映像公開

『やすらぎの森』から監督メッセージ付き本編映像が到着した。

神秘的な森と湖に抱かれて、優しく穏やかに紡がれる世捨て人たちの人生賛歌『やすらぎの森』 画像
コラム

神秘的な森と湖に抱かれて、優しく穏やかに紡がれる世捨て人たちの人生賛歌『やすらぎの森』PR

カナダ・ケベックの人里離れた森で、愛犬たちとひっそりと質素に暮らす80代の男女の愛と再生を描いた『やすらぎの森』が、深緑の季節に日本に上陸する。

人生の晩年をいかに生きるか…80代の男女が主人公の『やすらぎの森』5月21日公開決定 画像
洋画ニュース

人生の晩年をいかに生きるか…80代の男女が主人公の『やすらぎの森』5月21日公開決定

『やすらぎの森』の公開日が5月21日(金)に決定したことが分かった。

世捨て人と人生を失った女性が共同生活…『やすらぎの森』予告 画像
洋画ニュース

世捨て人と人生を失った女性が共同生活…『やすらぎの森』予告

世捨て人たちが密かに暮らす、カナダ・ケベック州の人里離れた深い森を舞台に描くヒューマン・ドラマ『やすらぎの森』(原題:Il Pleuvait des Oiseaux)より、日本版予告編が到着した。

カナダ・ケベックの森で暮らす世捨て人たち『やすらぎの森』5月下旬公開 画像
洋画ニュース

カナダ・ケベックの森で暮らす世捨て人たち『やすらぎの森』5月下旬公開

カナダのアカデミー賞にあたるカナダ・スクリーン・アワードで5部門にノミネート、助演男優賞を受賞したヒューマン・ドラマ『And the Birds Rained Down』(英題)の邦題が『やすらぎの森』に決定、5月下旬より全国にて順次公開されることになった。

page top