ヒューマン/ 社会派 『夜ごとの夢』作品情報

1933年6月8日 公開の映画作品

あらすじ

おみつは、係留中の船乗りを楽しませる銀座のバーでホステスとして働いている。 彼女は独身で息子の文坊を支えている。 彼女は彼女のためにベビーシッターをしているカップルと部屋を共有している。ある日、疎遠になった夫の水原が、息子に会いにやってくる。 彼は彼女に和解するように説得する。 水原は家族の世話をするつもりだと宣言するが、病気がちで、仕事を見つけることができない。ある日遊んでいた文坊が車にひかれ、負傷していて入院が必要だった。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督・脚本

成瀬巳喜男

キャスト

  • 栗島すみ子おみつ
  • 斎藤達雄おみつの夫・水原
  • 小島照子おみつの息子・文坊
  • 新井淳隣人
  • 吉川満子隣人の妻
  • 坂本武船長

作品データ

  • 原題
  • 製作年1933
  • 製作国日本
  • 上映時間64分
  • 映倫区分G
  • 配給会社松竹
  • クレジット
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

page top