『恋空』『三丁目の夕日』邦画強し!──ブログで話題の映画って?<11月19日号>

最新ニュース

『恋空』 -(C) 2007映画「恋空」製作委員会
  • 『恋空』 -(C) 2007映画「恋空」製作委員会
  • 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 -(C) 2007「ALWAYS 続・三丁目の夕日」製作委員会
  • 『ベオウルフ / 呪われし勇者』 -(C) 2007 Warner Bros. Ent. All Rights
『恋空』強しの理由はガッキー? それともケータイ小説?

11月3日(土・祝)に公開された『恋空』が“公開中の映画”、“総合(ブロガー数順)”で2冠爆走中。この『恋空』がトップに君臨している理由は、1,200万人の読者を持つ同名ケータイ小説が原作というのもあるが、やっぱり新垣結衣主演というのが大きいに違いない。新垣結衣と言えば“ポッキー”を始め、NTTや損保のCMにも出演している売れっ子女優。2007年の今年、『恋するマドリ』の主演でスクリーンデビューを飾って以来、『ワルボロ』『恋空』と今年だけで3本の出演作が公開されているところも映画ファンからの人気が途切れない秘密? ちなみに、11月17、18日の週末興行成績ランキングでも『恋空』が1位でした。

“公開中の映画”、“総合(ブロガー数順)”ともに続く2位は『ALWAYS 続・三丁目の夕日』『恋空』と同日公開(しかも配給も同じ)の本作、興行成績だけに関して言えば、公開週は『ALWAYS〜』が首位。中高生に人気の原作&主演女優の『恋空』に比べて、昭和が舞台で“懐かしい”がキーワードの『ALWAYS〜』。ブログで語るとなると、ここはやっぱりターゲット層の違いが順位の違い?

今週末公開作品は…ちょっと微妙なラインナップ?

“今週末(11月23日、24日)公開の作品”からはジム・キャリー主演のサスペンス『ナンバー23』とチャ・スンウォンの『約束』が1位と2位。『ナンバー23』は2月23日に全米公開され、1,460万ドルで初登場2位。その後伸び悩み、最終的には3,390万ドルと、言ってしまえば失敗した作品。ジム・キャリーのサスペンスと言うだけで“ダメ”なレッテルが貼られがちだが、日本でもコメディアンのイメージが強いだけに巻き返しは難しそう。2位の『約束』は、『リベラ・メ』『拍手する時に去れ』のチャ・スンウォン主演の王道ラブストーリーとあって、韓流好きには受けそう。相手役はドラマ「ガラスの華」のチョ・イジン。邦画からは3位に『ミッドナイト イーグル』がランクイン。『Life 天国で君に逢えたら』も好評だった大沢たかおの山岳アクション、前評判はなかなか良さそう。

やっぱり恋愛ネタが強い、ブログ話題度TOP100

最後に“総合(ブログ話題度順)”では、1位「血の婚礼」、2位『ベオウルフ/呪われし勇者』がランクイン。「血の婚礼」は『世界の中心で、愛をさけぶ』やドラマ「危険なアネキ」の森山未來主演の舞台。最近の交際報道を受けてのランクインだが、陣内孝則監督の『スマイル 聖夜の奇跡』の公開も12月15日(土)に控えているだけに、今後も根強く残るかも。2位の『ベオウルフ/呪われし勇者』はロバート・ゼメキス監督による3Dと俳優を合体させた3DCGアニメーション作品。それより何より、TVCMでのあのインパクトはやっぱり大きいでしょ! (毎週火曜日配信)

ブログ話題度ランキング
http://kizasi.cinemacafe.net/

■ブログ話題度とは?
ブログで話題の情報を提供する「kizasi.jp」独自のブログ解析エンジンにより、シネマカフェに掲載されている映画作品名がブログ上に掲載されている“話題度”をポイント化。いまブログ上で最も話題の映画作品のランキングを掲載しています。また、映画作品に関連する言葉も抽出して掲載。その作品がブログで、どのような言葉で語られているかを知ることができます。興行成績やDVD売上だけでは知ることの出来ない、映画ファンが“いま”話題にしている映画はどの作品か? ヒットの“kizasi”が見えてくるオリジナルランキングです。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top