【東京国際映画祭レポートvol.02】同じくハタチの長澤まさみの開会宣言で幕開け

最新ニュース

第20回東京国際映画祭は、同い年の長澤まさみによる開会宣言でスタート
  • 第20回東京国際映画祭は、同い年の長澤まさみによる開会宣言でスタート
レッドカーペット後に行われたオープニングセレモニーでは、長澤まさみによる開会宣言が行われた。今年で20年目という節目を迎えた本映画祭。同じく20歳の長澤さんは、「東京国際映画祭が今年で第20回を迎えることができ、本当におめでとうございます。私もハタチを迎え、共通の喜びを感じております。これからも、お互いに、1年1年いい歴史を築いていけたらと思います」と挨拶した。

セレモニーの最後には、先ほどレッドカーペットを歩いたばかりの『ミッドナイト イーグル』チームが登場。大沢たかおは「この東京国際映画祭で上映されることに、とても興奮しています。最初に聞いたときはドキドキしました。すごく感謝しています」とコメントした。これから一行は『ミッドナイト イーグル』が上映されているBunkamura オーチャードホールに向かい、舞台挨拶を行う。初日から長い一日を迎えることとなったが、疲れを感じさせない笑顔で開幕を祝福した。

「東京国際映画祭特集」
http://blog.cinemacafe.net/tiff2007/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top