前作と新作、話題度が高いのは?──ブログで話題の映画って?<12月18日号>

最新ニュース

『マリと子犬の物語』 -(C) 2007 「マリと子犬の物語」製作委員会
  • 『マリと子犬の物語』 -(C) 2007 「マリと子犬の物語」製作委員会
  • 『アイ・アム・レジェンド 』 -(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc.
  • 『ルイスと未来泥棒』 -(C) DISNEY ENTERPRISES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
犬vsゾンビ!? 僅差で制したのはコチラ!

先週に続いて“公開中の映画”の首位は『マリと子犬の物語』(写真上)。興行成績の方は先週末に公開されたばかりの『アイ・アム・レジェンド』に首位の座を譲ってしまったが、それでも先週比80%強だというからヒットの兆し。2位は『アイ・アム・レジェンド』で、1位と1ポイント差という超僅差。3位は『ベオウルフ/呪われし勇者』。なかなか根強い。

今週末の12月22日(土)は何と、大小合わせて20本を超える映画が公開される。その中で最も話題度が高かったのは『ルイスと未来泥棒』(写真右)。全米では今年の4月に公開され、最終的に9,780万ドルと、いま一つの成績。アニメ大国・日本での成績が気になるところ。2位は『魍魎の匣』。京極夏彦の同名小説を原作としている本作は『姑獲鳥の夏』の続編。でも監督が違うせいか、同じキャラクターなのに全く違うアプローチで、ストーリーそのものも含め、前作よりも柔軟な作品になっている。3位は、大槻ケンヂ原作、ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督作品『グミ・チョコレート・パイン』。この後、『ペルセポリス』『シナモン the movie』と続く。今週末の興行を制するのは果たして、どの作品?

どこまでも強い『恋空』

“総合(ブロガー数順)”は『恋空』が首位、『マリと子犬の物語』が2位と先週と変わらず。『恋空』が依然として強いが、つい先日、原作に関する盗作騒ぎが持ち上がったせい(おかげ?)もあるのでは? 2位の『マリと子犬の物語』だが、“公開中の映画”でのなかなかの話題度キープっぷりからみて、『恋空』並み…とまではいかなくても、それなりに息の長い話題度を獲得しそうな感じ。3位には、2001年の韓国映画『猟奇的な彼女』がランクイン。これはSMAPの草なぎ剛と田中麗奈主演でドラマがスタートするため。田中麗奈がどんな猟奇ぶりを見せてくれるのかが気になる。ちょっと間違えるとトンデモなく迷惑なキャラですから。

同じ原作の前作と最新作、話題度が高いのは…

12月14日(金)の金曜ロードショーで放映されたためか、2001年の動物コメディ『キャッツ&ドッグス』が“総合(ブログ話題度順)”で首位。理由としては、どうも弱い気がするが、ほかの理由が考えつきません。もしかして、それくらい話題作が乏しいということ? ちなみに今週の金曜ロードショーは『極道の妻たちII』です。2位には『地球最後の男 オメガマン』、3位には『地球最後の男』と、『アイ・アム・レジェンド』(写真左)関連作がランクイン。コケ知らずのウィル・スミス主演、先々週には来日して大サービス、その上ここ数週間、興行成績で上位を独占していた邦画たちを蹴散らす(まではいかないが)形で首位に輝いた久々の洋画作品…と、なかなかの枕詞がつくにも関わらず、当の『アイ・アム・レジェンド』がランクインしてないのは何故なんでしょう? (毎週火曜日配信)

ブログ話題度ランキング
http://kizasi.cinemacafe.net/


■ブログ話題度とは?
ブログで話題の情報を提供する「kizasi.jp」独自のブログ解析エンジンにより、シネマカフェに掲載されている映画作品名がブログ上に掲載されている“話題度”をポイント化。いまブログ上で最も話題の映画作品のランキングを掲載しています。また、映画作品に関連する言葉も抽出して掲載。その作品がブログで、どのような言葉で語られているかを知ることができます。興行成績やDVD売上だけでは知ることの出来ない、映画ファンが“いま”話題にしている映画はどの作品か? ヒットの“kizasi”が見えてくるオリジナルランキングです。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top