T・ギリアム、故ヒースを「最高の俳優」 監督志望の爆笑太田には「現場そうじから」

最新ニュース

『Dr.パルナサスの鏡』 テリー・ギリアム監督&リリー・コール
  • 『Dr.パルナサスの鏡』 テリー・ギリアム監督&リリー・コール
  • テリー・ギリアム監督&リリー・コール
  • ジョニーからの手紙を読み上げるリリー
  • 仲良しの太田さんとギリアム監督
  • みんなでお茶目にポーズ!
  • ジョニー・デップからの温かい手紙に耳を傾ける監督
  • 願いは「若返り」という西川さん
  • 鏡の扉を抜けて登場した美女たち
故ヒース・レジャーの最後の出演作として早くからその動向が注目されてきた、鬼才テリー・ギリアム監督最新作『Dr.パルナサスの鏡』。来週末の公開に先駆けて、1月14日(木)、親日家として知られるギリアム監督とヒロインでありスーパーモデルのリリー・コールが来日! 同日、2人揃って出席してのジャパン・プレミアが行われ、監督の大ファンである爆笑問題と共にファンに向けて舞台挨拶を行った。

舞台挨拶前のカーペット・イベントでは、本作に登場する、人の欲望を叶える“鏡”をイメージした扉が劇場前に用意され、仮面をつけた美女ゲストが次々と登場。今春に結婚を控えるタレントの西川史子も鮮やかなドレス姿で登場し、願いが叶うなら「若返りたい」と言い放った。最後に、ギリアム監督とリリーが登場すると、待ち構えていた一部のファンから大歓声。アレキサンダー・マックイーンのアニマル柄の服にジミーチュウのヒールを合わせたリリーの完璧なプロポーションに客席からは思わずため息がもれた。

その後行われた舞台挨拶では、ギリアム監督は「また東京に戻ってこれて嬉しいです」と満面の笑みで挨拶。盟友ヒースとについて聞かれると、「彼はよき友人であり、家族の一員であり、とても心が広く、才能にあふれた俳優でした。その中でも大好きだったのは、役において必要なところまで恐れを知らずに向かっていくところ。おもしろい演技というのも磨かれていましたが、どんなにふざけたことをしてても地に足がついた重みが感じれる俳優でした。最高の俳優を我々は失ったのだと思います」とコメント。「彼を褒め称える最後の作品が完成したので、ぜひみなさんに彼の思いを馳せてほしいです」と呼びかけた。

撮影の途中で急逝したヒースの後を引き継いだのが、彼を良く知る友人であったジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人。ギリアム監督は、彼らを“3人のヒーロー”と呼び「本当に傑出した俳優で、今回はリハーサルなしで本番の撮影に臨みました。また3人は、映画のギャラをヒースの娘さんに全部贈ってます。とても寛大で、映画史で初めてじゃないかと思います」と称賛を贈った。

そんなギリアムと初めて組んだリリーは、「監督はとてもクリエイティブで、寛大な心を持っている方です。出演する際は恐れやプレッシャーも感じましたが、この体験は私にとって風変わりな、印象的なジャーニーになりました」と言うと、ギリアム監督は甘えて寄り添ってみせた。

さらに、今回は来日できなかった共演のジョニー・デップからの嬉しい手紙が届き、リリーが読み上げた。その手紙には、「テリー・ギリアムは私の大好きな友人であり天才です。私はとても悲しい事情でこのプロジェクトに参加することになりましたが、それはとても光栄なことでした。しかし、過去にずっと止まってはいけません。この作品は命を讃えているのです。みなさんを虜にしてしまうこの素晴らしい作品を完成させた、テリー、ヒース、そして関わった全員に自信をもって敬意を表します」との言葉が綴られた。これを受け、監督は「彼と一緒に作品を作るとマジックが起きる。ジョニーの嬉しい言葉を聞いて今日は安心してよく眠れそうです」と喜びの声。

ここで、ギリアム監督の大ファンである爆笑問題が登場。太田さんはいきなり監督とキスするフリを見せるや、作品について「監督の見る夢を管で繋げて一緒に見てみたいというのが実現したような作品。ま、はっきり言うとよく分かんないんですが」と失言。一方、田中さんはリリーを見上げるや「同じ人間とは思えない。映画では妖精のような感じだったのに、実際に会ったら少女どころじゃないですね」と驚愕。まるで大人と子供のような(?)ツーショットに笑いが漏れた。

近々監督デビューも囁かれる太田さんだが、先輩のギリアム監督から「どの映画監督志望の方も撮影現場で掃除をする。次の作品でどうですか?」とのアドバイスが。すると太田さんは「監督は芸人上がりだからな。『アバター』抜いてから言え」とまたまた失言! とは言え、やっぱりギリアム監督を目標としている様子の太田さん。その後の取材では、「雲の上の人で、人を楽しませようとするのがすごく好きというのが変わらなくて嬉しかったです。こういうものを目指したい」とコメント。実際にどんな作品かと言えば、「ポルノであることは間違いない。いまタイガー・ウッズと海老蔵とロンブーの淳に出演交渉しているところ」とのこと。そのタイトルは『Dr.中松のジャンピングシューズ』とか…。そんな相方に対し、田中さんはツッコミを入れながらも「いずれ監督をやるだろうしやるべき」と学生時代からの太田さんの夢を応援した。

『Dr.パルナサスの鏡』は1月23日(土)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top