ジョニー・デップら、ヒース・レジャーの遺児に出演料を全額寄贈

最新ニュース

2007年9月、N.Y.のソーホーで散歩するヒースとマチルダ -(C) AFLO
  • 2007年9月、N.Y.のソーホーで散歩するヒースとマチルダ -(C) AFLO
ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルが故ヒース・レジャーの代役を務めた『The Imaginarium of Doctor Parnassus』(原題)の出演料全額を、ヒースの遺児で2歳の娘・マチルダに贈っていたことが明らかになった。

テリー・ギリアム監督による同作撮影中の1月にヒースが急逝。一時は製作中止かと思われたが、ギリアム監督の盟友・ジョニーをはじめ、人気と実力を兼ね備えた3人がヒースの代役を演じる、という奇想天外の解決策が実現し、大きな話題を呼んだ。

それぞれ子煩悩なことで知られる3人の俳優は、ヒースがミシェル・ウィリアムズとの間にもうけた愛娘の明るい未来を願って、今回の行動に出た。ギリアム監督は彼らについて「悲劇に直面したとき、あれほど有名で成功している俳優たちが『僕らに出来ることなら何でもやります』と、すぐに来てくれた。そして金は受け取らず、ヒースの娘に贈った。素晴らしいことだよ。彼らの謙虚さが嬉しい」と喜びのコメントを発表している。



写真は昨年の9月、N.Y.のソーホーで散歩するヒースと娘のマチルダ。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top