AKB48「Beginner」で初のミリオン達成! 秋元康作詞曲としては16年半ぶり快挙

最新ニュース

『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』 -(C) 「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』 -(C) 「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
  • 『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』 -(C) 「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会
AKB48が快挙達成! オリコンによる最新1月31日付週間シングルランキングによると、2010年の年間シングルランキングで1位を獲得した彼女たちの18thシングル「Beginner」のトータルセールスが100.1万枚に到達し、2007年8月の秋川雅史「千の風になって」以来3年5か月ぶり、AKB48としては初となるミリオンセールスを記録した。

先日、2010年の彼女たちの活動に密着したドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』が公開となったばかりだが、それを祝うかのような新たな快挙達成のニュースが舞い込んだ。「Beginner」は、発売初週で82.7万枚を売り上げ、SPEED「ALL MY TRUE LOVE」が持っていた女性グループの初動売上記録60.1万枚を12年ぶりに上回ったばかりでなく、2001年以降のシングルの最高初動売上作品であった宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」の78.4万枚をも更新し、近年稀に見る大ヒットとなっていた。さらに年末の紅白歌合戦出場も追い風となり、11月8日付ランキングでの初ランクインから13週目でのミリオン突破となった。

ちなみに女性アーティストのシングルでのミリオン突破は中島みゆきの「地上の星/ヘッドライト・テールライト」以来7年10か月ぶりであり、女性グループとしてはモーニング娘。の「恋のダンスサイト」以来10年11か月ぶりの快挙。

AKB48のプロデューサーを務め、「Beginner」を含め楽曲のほとんどの作詞を担当している秋元康にとっては、1994年に発売された藤谷美和子・大内義昭の「愛が生まれた日」以来、実に16年半ぶり4曲目(※ほかにとんねるず「ガラガラヘビがやってくる」、稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」)の100万枚超えとなった。

今回のミリオン達成について、メンバーの高橋みなみからは「このような記録を達成でき大変光栄に思います。活動を始めてから昨年の12月でまる5年が経ち、現在6年目に入ってる私たちAKB48にとっても『Beginner』の歌詞のように初心を忘れることなく、更に成長できるように頑張って行きたいと思います」とのコメントが寄せられた。2011年も止まる気配のないAKB旋風。週を重ね、最終的にどこまで売り上げを伸ばすのか注目が集まる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top