釜山映画祭開幕! オダギリジョーにチャン・ドンゴン、ファン・ビンビンは衣装替えも

最新ニュース

『マイウェイ 12,000キロの真実』より(左から)カン・ジェギュ監督、ファン・ビンビン、オダギリジョー、チャン・ドンゴン photo:Ayako Ishizu
  • 『マイウェイ 12,000キロの真実』より(左から)カン・ジェギュ監督、ファン・ビンビン、オダギリジョー、チャン・ドンゴン photo:Ayako Ishizu
  • 第16回釜山国際映画祭 photo:Ayako Ishizu
  • 第16回釜山国際映画祭 photo:Ayako Ishizu
  • 『ただあなただけ』よりソ・ジソブ&ハン・ヒョジュ登場 photo:Ayako Ishizu
  • 『ただあなただけ』会見より photo:Ayako Ishizu
  • 『楊貴妃』よりファン・ビンビン&ワン・リーホン photo:Ayako Ishizu
  • キム・ソナ&キム・ジュヒョク photo:Ayako Ishizu
  • ク・ヘソン photo:Ayako Ishizu
第16回釜山国際映画祭が10月6日夜、韓国・釜山市の海雲台で華やかに開幕した。今年、完成した釜山シネマセンター「映画の殿堂」のお披露目を兼ねた開幕式には、オープニング作品『ただあなただけ(ALWAYS)』に主演したソ・ジソプ、ハン・ヒョジュを始めとする、多くのスターや映画人がお祝いにかけつけた。

レッドカーペットに登場したのは、『マイウェイ 12,000キロの真実』で共演しているオダギリジョーとチャン・ドンゴン、ヒロインを演じる中国の女優ファン・ビンビンやキム・ソナ、キム・ジュヒョク、コ・ス、チソン、キム・ハヌル、カン・ヘジョン、ク・ヘソンら。台湾の人気歌手ワン・リーホンやフランスの女優イザベル・ユペールも姿を見せた。また、『アジョシ』の名子役キム・セロンちゃんは3姉妹で登場し、その愛らしさで会場を沸かせた。

ちなみにファン・ビンビンは日中韓合作の『楊貴妃』で共演するリーホンと一緒に登場した後、ドレスを着替えてもう一度、『マイウェイ 12,000キロの真実』チームとして現れ、その早変わりぶりにはびっくりさせられた。

なお韓国でも高い人気を誇るオダギリジョーさんは、今年はニューカレンツ部門の審査員も務めることになっており、こちらも注目を集めている。

オープニングを飾ったソン・イルゴン監督『ただあなただけ』は、元ボクサーと、事故で視力を失った女性の甘いラブストーリー。開幕式前に行われた記者会見で「ラブシーンでNGは?」と聞かれたハン・ヒョジュは、「ジソプ先輩がリードしてくれたおかげで、NGは出さずに済みました。ただ、私はいままで『華麗なる遺産』を始め、あまり女性的ではない役ばかり演じてきたので、女性らしさを出すのが難しかったです」と語った。ソ・ジソプは「ボクサー役ということで1か月ボクシングの特訓を受けたのですが、そのときに腕のじん帯が伸びてしまい、本番では大変でした」と撮影時の苦労を語っていた。

アジア最大級の映画の祭典、釜山国際映画祭は14日(金)まで開催される。

《photo / text:Ayako Ishizu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top