【アカデミー賞】クリストファー・プラマーが史上最高齢で助演男優賞を獲得!

最新ニュース

クリストファー・プラマー Richard Harbaugh / -(C)A.M.P.A.S.
  • クリストファー・プラマー Richard Harbaugh / -(C)A.M.P.A.S.
第84回アカデミー賞授賞式で、『人生はビギナーズ』のクリストファー・プラマーが助演男優賞を獲得した。

マイク・ミルズの実体験を基に、晩年に突然ゲイであることをカミングアウトする父親と息子の愛と人生の再スタートを描いた本作。クリストファーは、自身に正直に自由を謳歌する父親をユーモアたっぷりに演じている。

現在82歳、その俳優歴は半世紀以上にのぼる大御所中の大御所。『サウンド・オブ・ミュージック』('64)のトラップ大佐役など数々の作品で名演を見せてきた彼だが、意外にもオスカーノミネートは2009年の『終着駅-トルストイ最後の旅-』が初めてで、今回の受賞は同賞において最高齢での初受賞となった。今回の助演男優賞部門は、同い年のマックス・フォン・シドー(『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』)や、ニック・ノルティ(『Warrior』)などベテラン勢が揃ったが、クリストファーがこれまでの映画賞レースと順当の強さを見せた。

手にした金のオスカー像に向かって「あなたは私より2歳しか年上じゃないんだね。母の種にいたときからこのスピーチを予定してました」と冗談を飛ばすや、ほかの候補者に称賛を贈り「(共演の)ユアン・マクレガーとこの賞を共有したい」と語った。

特集:第84回アカデミー賞
http://www.cinemacafe.net/special/oscar2012/

Richard Harbaugh / ©A.M.P.A.S.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top