※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

007シリーズ最新作がロンドンでクランク・イン

007シリーズ最新作が、『Bond 22』の仮題で3日からロンドン郊外のパインウッド・スタジオでクランク・インし、4日にはロンドン市内でロケ撮影が行われた。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも、前作『007/カジノ・ロワイヤル』での演技が各方面で絶賛された後の2作目ということで、表情にもすっかり余裕が見える。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
『BOND22』がロンドンでクランクイン -(C) AFLO
『BOND22』がロンドンでクランクイン -(C) AFLO
  • 『BOND22』がロンドンでクランクイン -(C) AFLO
007シリーズ最新作が、『Bond 22』の仮題で3日からロンドン郊外のパインウッド・スタジオでクランク・インし、4日にはロンドン市内でロケ撮影が行われた。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグも、前作『007/カジノ・ロワイヤル』での演技が各方面で絶賛された後の2作目ということで、表情にもすっかり余裕が見える。

ストーリーの詳細は明らかになっていないが、『007/カジノ・ロワイヤル』の続編的な内容になるらしい。敵役はマチュー・アマルリック、前作にも登場したCIAエージェント役のジェフリー・ライト、ボンド・ガールには22歳の新進女優ジェマ・アタートンが決定している。

監督は『主人公は僕だった』『君のためなら千回でも』のマーク・フォースター。脚本は『硫黄島からの手紙』のポール・ハギスと、『007/カジノ・ロワイヤル』も手がけたコンビ、ニール・パーヴィスとロバート・ウェイド。

今後、オーストリアやパナマなどでも撮影が行われ、11月に英国および全米で公開予定。



© AFLO
《冨永由紀》

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top