『トワイライト』最新作L.A.プレミアに9千人熱狂 ベラとジェイコブのキスに悲鳴!

最新ニュース

『トワイライト・サーガ/エクリプス』L.A.プレミア
  • 『トワイライト・サーガ/エクリプス』L.A.プレミア
  • 『トワイライト・サーガ/エクリプス』L.A.プレミア
  • 『トワイライト・サーガ/エクリプス』L.A.プレミア
大ヒットシリーズの第3弾となる映画『トワイライト・サーガ/エクリプス』(原題)の、6月24日(現地時間)に開催されたL.A.プレミアの模様が写真と共に到着! ロバート・パティンソンをはじめ、クリステン・スチュワート、テイラー・ロートナー、ダコタ・ファニングなど、いま、アメリカで最も人気のある若手俳優陣が勢揃いし、多くのファンを熱狂させた。

開催中のロサンゼルス・フィルム・フェスティバル内のイベントとして行われたこちらのプレミア。アメリカの主要媒体をはじめ、世界各国から144の写真媒体と75もの映像媒体が集まり、会場には地元警察も出動し、警備に当たった。ノキア・シアターには映画にちなんで“ブラックカーペット”が敷きつめられたが、カーペット脇に用意された一般のファン用のスペースは約700席。だが、開催の1週間前からテントを持ち込んで泊り込みで場所取りをする“トワイライター”たちも見られ、前作のプレミアを大幅に超える、予想外のおよそ9,000人ものファンが詰めかけた。

ロバートらが姿を現すと、ファンたちの熱狂は最高潮に達し、叫び声のような歓声が会場を埋め尽くした。映画本編の上映中も場内のファンの興奮は収まらず、本作の鍵となる、クリステン演じるベラとテイラー扮するジェイコブのキスシーンでは、上映中にもかかわらず、ファンの悲鳴にも近い叫び声が場内にこだました。

エドワード役のロブは、本作では激しいスタントをこなしているが「たくさんバトル・シーンがあるからね」と涼しい表情。ヒロインのベラを演じるクリステンは、ベラの揺れる思いについて尋ねられ「ベラは直感で動いているのだと思う。キスするまで5秒だけど、でも何をしてしまったのか、心の底から後悔したりするのも一瞬で分かるのよね。ベラはエドワードと出会って、本当に盲目的に愛を捧げているから、ジェイコブに向き合うことで、違う角度から自分の愛を確かめることができるの。真っ直ぐの愛のまま進むと、何も考えずに突き進んでいっちゃうでしょ? でも違う角度から物事を考えるって凄く大切だと思うの」と彼女の心情を代弁した。さらに、お気に入りのシーンについては「やっぱり3人一緒に登場するところかな。ベラを取り合って、タイプの違う男同士が掛け合う。それぞれのキャラクターもしっかり出ていて見応えがあると思うわ」と笑顔を見せた。

そして物語のキーマン、ジェイコブ役のテイラーは、ファンの熱狂を前に「本当に感激だな。何百人ものファンが、ここに1週間泊まって、この日を楽しみにしてくれていたなんて。圧倒されるよ」と嬉しそうな表情で語った。さらに、劇中のワイルドなイメージのジェイコブを引き合いに、「今日は服を着ていますね?」と尋ねられると「そうなんだよ。やっと今日はシャツ着れるぞって感激していたんだよ!」とユーモアたっぷりに笑顔で返してくれた。

『トワイライト・サーガ/エクリプス』(原題)は11月、丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top