英雄の素顔は正義、それとも悪? 『J・エドガー』予告編&US版ポスター解禁!

最新ニュース

『J・エドガー』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『J・エドガー』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
名匠クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演という最強タッグで、早くもアカデミー賞受賞の呼び声高い『J・エドガー』の予告編と2種類のアメリカ版ポスタービジュアルがこのほど解禁となった。

1924年にアメリカ連邦捜査局(FBI)の前身、捜査局(BOI)の長官、35年に改名した連邦捜査局の初代長官に任命され、1972年に亡くなるまで半世紀近くにわたってアメリカの法の番人の長として一国を支えたとされる“英雄”ジョン・エドガー・フーバーの輝かしい功績の裏に隠された真実を暴き出す本作。

その巨大な権力から歴代の米国大統領でさえ畏怖と非難と崇拝の対象だったというJ・エドガーだが、予告編に映るエドガー役のレオナルドの姿からもその片鱗が垣間見える。まず冒頭で、彼の口から「道徳の低下を放置しておけば、悪がはびこる」と、確固たる信念が語られる。彼の無慈悲なまでの悪への断罪の心からくる行動は数多くの功績を残し、崇められる一方で、超法規的とも言える強引なやり方が“影の支配者”としてのイメージを生むことに。さらに、指紋照合による“国民の管理”を法として成立させるため、右腕である部下の制止も聞く耳持たず「国家保全には、法を曲げることも必要だ」と、大統領を相手取った裏工作を淡々と進めていく、エドガーの姿が映し出される。

まるで“正義”という名の魔物に服従する奴隷かのように、危険を顧みず徹底的に“悪”を斬っていく、エドガーの姿はまさに冷淡。その半生に隠された真実が明かされたとき、彼の成したかった正義がどのように評価されるのかも興味深いところ。また、今回予告編と共に公開となったアメリカ版のポスターには、何かを強く主張しているような表情のエドガーの背景にアメリカ国旗の赤と白のストライプが全面に敷かれており、エドガーがいかに同国で影響力を持った人物であったのかが伺い知ることができる。

果たして、彼が人生を賭して貫いたものは正義か、それとも悪だったのか? まずは予告編映像をチェック!

『J・エドガー』は、2012年1月28日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top