これがレオ様!? 悲願のオスカー獲得を狙う、究極の“変身後”を公開

最新ニュース

『J・エドガー』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『J・エドガー』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
  • 『J・エドガー(原題)』 -(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
監督クリント・イーストウッド、主演レオナルド・ディカプリオの夢のタッグで、FBI初代長官にして8人の歴代大統領からも恐れられた伝説の男ジョン・エドガー・フーバーの生涯を描いた映画『J・エドガー』。20代から70代までをひとりで演じきったディカプリオが特殊メイクを施し完成させた、晩年のJ・エドガーのビジュアルがこのほど公開となった。

“国を守る”という大義名分のもと、約50年もの間アメリカのあらゆる機密を掌握し、8人の歴代の大統領さえも及ばない権力を駆使し、アメリカの法の番人として君臨し続けたFBI初代長官、ジョン・エドガー・フーバー。彼の野望、企み、葛藤、苦悩、波乱に満ちたその生涯を通して、彼の行った“正義”を明らかにしていく。

今回新たにお披露目となったのは、とてもディカプリオとは思えない、悲痛な面持ちで何かを思索している晩年のエドガーの姿。ディカプリオはフーバーの容貌に近づけるため、目の色や髪の色はもちろん、年齢に応じて白髪のヘアピースも加えていき、富士額の毛を抜いては、二重あごに見えるように首筋にも特殊メイクを施し、鼻孔用増強剤で鼻の形を歪めるなど徹底的に特殊メイクを追求。その完成度は、撮影現場でイーストウッド監督が老け顔の特殊メイクを施したディカプリオとすれ違ったときに、全く気づかなかったとのエピソードもあるほど。その姿にイーストウッド監督は、「レオのメイクは本当に素晴しかった。あのメイクをしたレオがいることで、J・エドガー・フーバーの存在を実感できたよ」と満足げに語っている。

過去に『ギルバート・グレイブ』、『アビエイター』、『ブラッド・ダイヤモンド』と3度にわたりオスカーにノミネートされながらも受賞を逃してきたディカプリオの悲願のオスカー獲得が期待される本作。ディカプリオは、「この映画は本質的にフーバーという人物の内面を描いている。僕自身、演じているのがどんな人物なのかをしっかり理解できたと思う。クライド・トルソン、ヘレン・ガンディ、そして母親との関係によって全生涯、全キャリアを通してフーバーという人物ができていった。それが興味深かったからこそ、僕は毎日撮影を続けられた。観客にもその点に興味を持ってほしい」と自信をもって本作を送り出す。

『J・エドガー』は2012年1月28日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top