新生『スパイダーマン』カップル来日 魅惑的なキスシーンを予告!

映画『アメイジング・スパイダーマン』主演のアンドリュー・ガーフィールドとヒロインのエマ・ストーンが来日! 1月18日(水)に都内で世界最速となる8分ほどの本編の一部映像が報道陣に初めて公開され、アンドリューとエマ、さらにプロデューサーのアヴィ・アラド、マット・トルマックが会見に臨んだ。アンドリューとエマは本作での共演をきっかけに交際中とも報じられているが、会見中も2人で仲良く言葉を交わす姿が見られた。

最新ニュース
『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
  • 『アメイジング・スパイダーマン』来日記者会見
映画『アメイジング・スパイダーマン』主演のアンドリュー・ガーフィールドとヒロインのエマ・ストーンが来日! 1月18日(水)に都内で世界最速となる8分ほどの本編の一部映像が報道陣に初めて公開され、アンドリューとエマ、さらにプロデューサーのアヴィ・アラド、マット・トルマックが会見に臨んだ。アンドリューとエマは本作での共演をきっかけに交際中とも報じられているが、会見中も2人で仲良く言葉を交わす姿が見られた。

トビー・マグワイア主演の『スパイダーマン』シリーズ旧三部作からキャスト、スタッフを一新し、新シリーズの第1弾として製作された本作。両親を亡くし、親戚の家で育てられたピーター・パーカー(アンドリュー)がスパイダーマンへと変貌するに至る“起源”が描かれる。

『ソーシャル・ネットワーク』『わたしを離さないで』などで高い評価を得たアンドリューは今回、初来日。短い滞在時間の上、取材続きでなかなか東京を満喫するのは難しそうだが「昨日はしゃぶしゃぶをおいしくいただきました」とニッコリ。同じく初来日のエマは「こういう作品に関わり、嬉しいと同時にフラストレーションが溜まることは、世界中のあちこちに行かせてもらえるのに、滞在は1日か2日でホテルの中にばかりいることね」と苦笑を浮かべていた。

世界的ヒットを記録した旧三部作を引き継ぐことへのプレッシャーの有無を尋ねられたアンドリューは「YES! かなりね」と即答。「トビ—・マグワイア、キルスティン・ダンストによる三部作は素晴らしかったし、何より僕自身、3歳のときから『スパイダーマン』のファンなんです。そういう作品を引き継ぐ者に選ばれたのは光栄だし、責任を感じました。ただ、それは健全でポジティブなことだと受け止めていました」とふり返った。

対照的にエマは「私自身は、本当にラッキーだと思ってます。プロデューサーでもないし、スパイダーマンを演じるわけでもないし(笑)。演じた内容自体はこれまでもやった経験があることばかりだったので、このキャラクターを演じることにプレッシャーは感じなかったです」と強心臓ぶりを感じさせた…かと思いきや「プレッシャーを感じてるのはいま、この瞬間ね(笑)。こんなにインターナショナルな作品に関わるのは初めてで、東京でこうしてみなさんの質問を受けることになるなんて。間違ったこと言わないようにと大変なプレッシャーを感じてます」と語り、会場の笑いを誘った。

アンドリューにとっては本格的なアクションは初体験となったが「全てが…いや、全てとは言えないけど楽しかったです。『007』シリーズなどにも参加しているスタントチームと一緒に仕事ができるということで、謙虚な気持ちで臨みました。ヘトヘトになるまでワークアウトに励んだり、死ぬような思いを味わいながら準備してきました。僕には3人のスタントダブルの方がいましたが、かっこよく見えるのは彼らのおかげ。プロのチームがいたからこそ可能でした」と語った。

旧シリーズでは逆さづりのスパイダーマンとヒロインがキスするという名シーンがあったが、エマは「先に知らない方が楽しめると思うわ」といたずらっぽい笑みを浮かべつつ、「ステキなファーストキスがあるわ」と期待を煽る。プロデューサーのマットから「せっかくだから2人でここでやって見せたら?」と促されると、「いろいろ準備が必要だから遠慮しておくわ」と返す一幕も。

プロデューサーのアラドは「過去の3作では語り尽くせなかったエピソードがたくさんあります。これはピーター・パーカーが『自分は誰なのか?』ということを問う物語」と語る。

監督は『(500)日のサマー』のマーク・ウェブが務めるが、マットは彼の起用について「ドラマこそが“スパイダーマン”の核となる部分。人間関係を含めてリアルに描いた『(500)日のサマー』を観て、すぐにミーティングの機会を持ちました。現代世界の現代的感覚を期待し、彼を監督としました」と説明した。

日本での公開は6月末で世界最速となるが、アンドリューは「また6月に来ますが、そのときはもっと長く滞在するよ」と約束。エマも「もっと日本を楽しむために必ず戻って来るわ」と笑顔で語った。

『アメイジング・スパイダーマン』は6月30日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top