初監督作が表彰されたアンジェリーナ・ジョリー、女優引退も視野に?

長編映画監督デビューを飾ったアンジェリーナ・ジョリーが、女優を辞めて監督業に専念する考えもあることを明らかにした。

最新ニュース ゴシップ
21日、アメリカ製作者組合(PGA)賞授賞式に出席したアンジェリーナ -(C) ロイター/AFLO
  • 21日、アメリカ製作者組合(PGA)賞授賞式に出席したアンジェリーナ -(C) ロイター/AFLO
長編映画監督デビューを飾ったアンジェリーナ・ジョリーが、女優を辞めて監督業に専念する考えもあることを明らかにした。

21日にロサンゼルスで開催されたアメリカ製作者組合(PGA)賞授賞式で、初監督作『In the Land of Blood and Honey』(原題)がスタンリー・クレイマー賞に輝いたアンジェリーナが「E!Online」の取材に答えたもので、「いまでも演じることは好きよ。これはと思える役があればね。でも、ほかの女優にスポットライトを当ててあげることができるのも素敵なことよ。ものすごく才能がある女優にね」と語っている。

スタンリー・クレイマー賞は、映画を通して社会問題への関心を促すことに貢献した作品に贈られる賞。アンジェリーナが脚本も執筆し、ラブストーリーを軸に90年代に起きたボスニア紛争を題材にした『In the Land of Blood and Honey』はまさに受賞にふさわしい作品だ。なお、最高賞にあたるダリル・F・ザナック賞はオスカー最有力作の呼び声も高い『アーティスト』が受賞した。

監督、脚本家としての才能も評価されたアンジーだが、もちろん、女優としての活躍を見せる作品への出演も控えている。『眠れる森の美女』を、オーロラ姫に呪いをかける魔女・マレフィセントの側から描いた主演作『Maleficent』(原題)だ。引き受けたのは「子供たちが喜ぶから」だそう。どんな姿で登場するのかという問いに「ツノとか生えたりしてるのよ」と笑顔で話していた。



© ロイター/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top