アカデミー賞史上最年少ノミネートの少女、「アニー」映画化作品で主役候補に

24日(現地時間)に迫った第85回アカデミー賞で『ハッシュパピー バスタブ島の少女』に出演し、史上最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたクヮヴェンジャネ・ウォレスが、「アニー」の映画化作品で主役候補に挙がっている。

最新ニュース
クヮヴェンジャネ・ウォレス
  • クヮヴェンジャネ・ウォレス
24日(現地時間)に迫った第85回アカデミー賞で『ハッシュパピー バスタブ島の少女』に出演し、史上最年少でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたクヮヴェンジャネ・ウォレスが、「アニー」の映画化作品で主役候補に挙がっている。

人気ブロードウェイ・ミュージカルの映画化となる本作では昨年、ウィル・スミスの愛娘ウィロウ・スミスが孤児のアニーを演じることが決まっていたものの、先月に「忙しくない普通の12歳としての生活がしたい」という理由でウィロウが突如、同役柄から降板していた。

そこで今回、9歳の若さでアカデミー賞主演女優賞にノミネートされて人気急上昇中のクヮヴェンジャネがウィロウの代役としてアニーを演じる候補の筆頭に挙がっているようだ。

「アニー」はこれまで何度も映画化がなされていて、1933年、世界大恐慌直後の真冬のニューヨークを舞台に孤児院で暮らしている11歳の赤毛の女の子、アニーが本当の両親を探す冒険に繰り出すというストーリーだ。

今回の映画化では『小悪魔はなぜモテる?!』などを手掛けてきたウィル・グラックが監督を務め、『プラダを着た悪魔』のアライン・ブロッシュ・マッケンナが脚本を執筆している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top