“映像美”が話題!『トゥ・ザ・ワンダー』&『ゼロ・グラビティ』の共通点とは

1本1本の映画が芸術作品として高い完成度を誇り、“生きる伝説”と称されるテレンス・マリック監督最新作にして、ベン・アフレック主演作『トゥ・ザ・ワンダー』…

最新ニュース スクープ
『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『トゥ・ザ・ワンダー』 -(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
  • 『ゼロ・グラビティ』 (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『ゼロ・グラビティ』 (c) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『ゼロ・グラビティ』-(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
  • 『ゼロ・グラビティ』-(C) 2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
1本1本の映画が芸術作品として高い完成度を誇り、“生きる伝説”と称されるテレンス・マリック監督最新作にして、ベン・アフレック主演作『トゥ・ザ・ワンダー』

約40年間もの監督人生の中でわずか6本と寡作にもかかわらず、多くのスターから出演を熱望されるテレンス・マリックがメガホンを握り、話題を呼んだ本作。愛がいかにして人生を変え、破壊し、再構築していくかを探求する物語にベン・アフレックを始め、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデムら、ハリウッドスターが豪華共演を果たした。

幻想的かつ詩情豊かな映像で観客を感嘆させた本作と、圧倒的なリアリティを観客に届けて現在大ヒット中の『ゼロ・グラビティ』。一見、対照的な両作品には、1つの共通点がある。全く異なる種類の“映像美“で話題を呼んでいるこの2作は、実は同じ撮影監督によって撮影されていたのだ。

その撮影監督とはエマニュエル・ルべツキ。今年度の『ゼロ・グラビティ』でのノミネートを含め、アカデミー賞「撮影賞」に6度もノミネートされた現代最高峰のカメラマン。

彼の卓越した撮影技術は、『トゥ・ザ・ワンダー』のマリック監督や、『ゼロ・グラビティ』のアルフォンソ・キュアロン、『スリーピー・ホロウ』のティム・バートン、『バーン・アフター・リーディング』のジョエル&イーサン・コーエン兄弟など、映画界の巨匠たちを魅了し続けている。特にマリック監督とは『ニュー・ワールド』、『ツリー・オブ・ライフ』に続いて3度目のタッグとなり、今後公開予定の作品でも撮影を担当する。

本作では、“西洋の驚異”と称されるフランスのモンサンミシェルを、またオクラホマ州バートルズビルの荒涼とした自然や家並みを、スクリーンにまばゆく描き出してみせた。これはエマニュエルが、マリック監督と共に「自然光」を駆使した撮影にこだわり抜いた結果として生み出されたものだ。

映画館で宇宙空間を体感した後は、愛の移ろいとともに変化する美しい情景を堪能してみては。

『トゥ・ザ・ワンダー』リリース情報
Blu-ray価格:4,935(税込)
DVD価格:3,990(税込)
発売日:1月24日(金)※DVD先行レンタル中
発売・販売元:東宝/提供:東宝、ロングライド

(C) 2012 REDBUD PICTURES, LLC
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top