高橋一生、ちょうど1年前!『九月の恋と出会うまで』クランクインの映像公開で「とんでもなく恥ずかしい」

“書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説”第1位に輝く松尾由美氏の小説を映画化した『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台挨拶が3月2日(土)、東京・新宿ピカデリーで行われ、高橋一生、川口春奈、山本透監督が登壇した。

最新ニュース レポート
高橋一生『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 高橋一生『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 高橋一生、川口春奈、山本透監督『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 高橋一生、川口春奈、山本透監督『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 高橋一生『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 川口春奈『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
“書店員が選んだ、もう一度読みたい恋愛小説”第1位に輝く松尾由美氏の小説を映画化した『九月の恋と出会うまで』の公開記念舞台挨拶が3月2日(土)、東京・新宿ピカデリーで行われ、高橋一生、川口春奈、山本透監督が登壇した。

■主演作の封切りに「昨日からソワソワ」と高橋さん


主演を務める高橋さんは「昨日からソワソワしていた」と明かし、「皆さんのお顔を見ていると、面白かったと思ってくださったように見える」とホッと胸をなでおろした。映画はタイムパラドックスに翻ろうされる男女の切ない恋愛を描いており「いろんな要素がありますが、純粋に人が人を思う気持ちの大切さが、自然に描かれている」とアピールした。

高橋一生、川口春奈、山本透監督『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
本作のクランクインはちょうど1年前の2018年3月2日! 舞台挨拶ではその当日のメイキング映像が上映され、初日から高橋さんが山本監督に演技プランを提案する姿が披露された。これには、高橋さんも「とんでもなく恥ずかしいですね」と照れ笑いを見せたが、主演として現場を引っ張る様子に、ファンは感心しきりの様子だった。

■劇中には『時をかける少女』のオマージュも…、川口さんは気づかず!


「高橋さんは大人の余裕で、わたしを包んでくれた」とふり返るのは、ヒロインを演じる川口さん。撮影中の苦労を聞かれると、「ちょうど花粉症のシーズンで…。撮影した公園が杉だらけで、夕方には顔がダメになっちゃって、病院に行きました。去年は特にひどくって」と明かした。

川口春奈『九月の恋と出会うまで』公開記念舞台挨拶
また、山本監督が「川口さん演じる志織のスマホケースは、ラベンダーの押し花がデザインされている。『時をかける少女』のオマージュで」と明かすと、川口さんは「いま、初めて、知りました。あまり注目していなかった…」と申し訳なさそうな表情を浮かべていた。

■『九月の恋と出会うまで』はこんなお話



『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
引っ越したマンションで「1年後のあなたに危険が迫っている」という不思議な声を耳にした志織(川口さん)は、小説家志望の隣人・平野(高橋さん)に相談を持ちかける。次第に惹かれあう2人だが、タイムパラドックスが原因で、志織の身には思わぬ危機が迫っていた…。

山本監督は「ファンタジーやサスペンスといった要素を含んでいますが、実はとてもシンプルに、愛する人のためなら、何でもしてあげられる。そんな気持ちから奇跡が生まれることを描いている。温かい気持ちが皆さんに届き、恋をしたいと思ってもらえれば」と話していた。

『九月の恋と出会うまで』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top