【インタビュー】賀来賢人が拓いた新たな境地「自分の声と向き合い」成長は続く

例えばドラマ「今日から俺は!!」。例えば映画『斉木楠雄のψ難』。コメディが似合う実力派俳優と言えば、賀来賢人を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

最新ニュース インタビュー
賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
  • 賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
  • 賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
  • 『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
  • 『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
  • 『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
例えばドラマ「今日から俺は!!」。例えば映画『斉木楠雄のψ難』。コメディが似合う実力派俳優と言えば、賀来賢人を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

俳優・賀来賢人が拓いた新たな境地


コメディ作品で重要になってくるのは、表情や仕草、オーバーアクションだ。身体全体で見せる芝居とも言える。そうしたコメディでも俳優として高い評価を得ている賀来さんだが、そうした“身体表現”を封印しなければならなかったのが、“超実写版”『ライオン・キング』の主人公・シンバの吹き替えだ。

『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
声だけの表現って、技術がすごく必要なんですよね。だからこそ勉強になりました。難しさももちろんありましたけど、すごく楽しかったですし、不思議な体験でもありました。普段は自分で動いて芝居をしているけど、声優は声だけでキャラクターに息を吹き込んでいく作業。だから、普段と同じように話すと伝えたいことが薄くなるんです。それを強くするために、伝えたいところを強く、落とすべきところは落とすという作業の繰り返しでした。それに慣れてくると乗ってくるというか。どんどん、シンバと波長が合ってくるんですよね。少しずつ、考えすぎずにできるようになって、すごく気持ち良かったです」

賀来賢人『ライオン・キング』/photo:You Ishii
中でも特に難しかったのが息の使い方。

「お芝居そのものについては、ドラマや映画の演出と変わりなかったんですけど、吐息とか『はあっ』とか『うっ』とか。映画やドラマで芝居をしているときはあまり意識していない部分ですが、吹替では声をONにしてやらなきゃならかったのは難しかったですね。初めての経験でしたし、収録の時も分からないところは監督に正直に話して、何回かやらせていただきました。『いまのがいいね』って感じでチョイスしていただきながら進めていったんです。それをプンバァの吹替をする佐藤二朗さんに話したら、全く同じことをおっしゃっていて(笑)。『あれは難しいよねぇ』って」。

『ライオン・キング』(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
次のページ:ほかの人とはちょっと違う“『ライオン・キング』の思い出”
《text:Ai Takatsuka/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top