『ダンケルク』で注目!アナイリン・バーナード、新作は「リラックスして楽しんで」

『やっぱり契約破棄していいですか!?』で“死にたい小説家”ウィリアムを、シニカル萌えたっぷりに好演する英国イケメン俳優アナイリン・バーナードのインタビュー映像が到着した。

映画 洋画ニュース
『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
  • アナイリン・バーナード(C)Getty Images
  • 『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
“死にたい小説家”と“クビ寸前の殺し屋”の“人生を懸けた1週間”を巡る追走劇『やっぱり契約破棄していいですか!?』が、ついに公開。本作で“死にたい小説家”ウィリアムをシニカル萌えたっぷりに好演する英国イケメン俳優アナイリン・バーナードのインタビュー映像が到着した。

>>『やっぱり契約破棄していいですか!?』あらすじ&キャストはこちらから

大ヒットを記録したクリストファー・ノーラン監督による映画『ダンケルク』('17)で、英国陸軍兵トミーと行動を共にする謎の無口な青年ギブソンを演じ、日本でも広く知られるようになったアナイリン。

今後の待機作には、主演アンセル・エルゴートの友人役として出演するドナ・タートの世界的ベストセラー小説の映画化作品『The Goldfinch』(原題)や、女性初のノーベル賞受賞者として名高い物理学者キュリー夫人の伝記映画『Radioactive』(原題)などがあり、“陰キャ”がハマる俳優として注目を集めている。

アナイリン・バーナード(C)Getty Images
まず本作の脚本で惹かれた部分を問われると、「ブラックコメディーは脚本が難しいけど、監督と脚本のトム・エドモンズは楽しみながら書いたと感じたんだ。とてもダークでウィットにも富んでいて、笑える瞬間だってある! 物語を語るのが上手なんだ。ウィリアムという複雑な主人公の役にも挑戦しようと思えた」と、脚本も手掛けたトム・エドモンズ監督に対して大絶賛。

『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
また、英国が誇る名優で大先輩、本作でもう一人の主人公“クビ寸前の殺し屋”を演じたトム・ウィルキンソンについては「トムは精力的な人で、彼の人柄や役作りはとても勉強になったよ。この業界の経験が豊富だから、たくさん僕の意見を聞いてくれたんだ。イギリスの名優と共演して、動きを確認したり新たな表現を探したんだ」と語り、名優との共演で彼自身がレベルアップした様子だ。

『やっぱり契約破棄していいですか!?』 (C) 2018 GUILD OF ASSASSINS LTD
そして最後に、本作を観る観客に向けて、「真剣に物語と向き合って欲しい。同時にリラックスして楽しんでもらいたいね!」とコメント、「本作を観て、笑ってくれたり、何かを考えるきっかけにしてくれたら嬉しいな」と、真剣な眼差しで率直に語ってくれた。


『やっぱり契約破棄していいですか!?』はヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top