【インタビュー】松岡茉優 “素”をさらすことで背負う、女優としての覚悟

松岡茉優の勢いが留まるところを知らない。

最新ニュース インタビュー
松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
松岡茉優の勢いが留まるところを知らない。

2017年公開の初主演映画『勝手にふるえてろ』、そして昨年の是枝裕和監督によるカンヌのパルムドール受賞作『万引き家族』で、それぞれ第42回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、優秀助演女優賞を獲得するなど高い評価を得た。

とはいえ、まだまだ世間は松岡茉優という女優を過小評価しているのではないか――? そう思わせるほど、まもなく公開の主演映画『蜜蜂と遠雷』では、これまで見たことのない表情を見せ、“圧倒的”という言葉がぴったりの凄まじいまでの存在感を発揮している。

『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

傑作を2時間の枠におさめる難しさ


史上初となる直木賞と本屋大賞のW受賞を果たした恩田陸のベストセラー小説を映画化した本作。4人の才能あふれる天才ピアニストを軸に、ある国際ピアノコンクールの始まりから終わりまでが描かれる。

松岡さんが演じたのは、かつては天才少女と呼ばれ、将来を嘱望されるも、母の死が原因でピアノを離れ今回、7年ぶりに表舞台へと復帰した亜夜。全体を通じて、セリフは決して多くはなく、心情や私生活、復帰に至った経緯や背景などもハッキリとした言葉で説明されることもない。ピアノに向き合う姿勢やちょっとした表情でその内面が浮き彫りになっていくという難しい役柄だが、松岡さんは役作りについて、こともなげに「原作に全て答えがありました」と語る。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
「恩田先生の小説の中に亜夜が生きて存在していて、そういう意味で問題はなかったです。ただ、500ページ2段組の小説を2時間の映画にするという部分に関してはプレッシャーや難しさは感じました。どうしても原作から連れてくることができなかった登場人物、抜き出すことができなかった描写もあります。亜夜の気持ちをどう理解するか? という部分以上に、『ここは(原作にある描写が)映画にはないから、どうしたらいいか?』と足し算や引き算を考える部分は多かったですね」。

『蜜蜂と遠雷』 (C)2019「蜜蜂と遠雷」製作委員会
“心に傷を負った元・天才少女”。そんな安易な言葉で集約されるような、薄っぺらい役にはしたくなかった。

「石川(慶)監督に言われたのは『腫れ物に触るような人にはしないでほしい。周りが気を遣うような人じゃないと思う』ということで、私も同じ意見でした。7年前、なぜ彼女はピアノから逃げたのか? なぜそこから表舞台に戻ってこられなかったのか? そこにあるのは決して自分勝手な理由でもないし、彼女は決して“かわいそうな人”でもない。そのために彼女の強さと気高さ、才能をきちんと見せないといけないと思っていました」。

自分とは違う周りの評価「すごく力をもらいました」


間違いなく松岡さんに対して、大きな称賛の声が贈られることになるであろう本作だが、松岡さん自身は、最初に完成した映画を観たとき「自分ができると思っていた期待値をあまりに大きく下回っていて、『こんなにできないか…』と落ち込んだ」という。

しかし、このリアクション自体は、本人にとっても周囲にとっても決して珍しいことではないようで「最初に完成した作品を観る初号試写は、いつも人生で一番落ち込む瞬間」であり「毎回、『やめよう』『やめちまえ!』って思います」とのこと。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
いつもと違ったのは一緒に映画を観たスタッフや共演者の反応、そして思わぬところから届いたある“言葉”だった。

「観終わったら、石川監督やプロデューサー、スタッフのみなさんがすごく褒めてくださったんです。嬉しかったのは、試写室を出て、私自身は罪人みたいな気持ちで階段を下りて行ったんですが、その先で(共演の)斉藤由貴さん、臼田あさ美さん、片桐はいりさんが並んで待っていてくださって『本当によかったよ』とおっしゃってくださったんです。その言葉にすごく力をもらいました」。

『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
「とはいえ、自分の中では悶々とした気持ちを抱えて、その後の日々を過ごしていたんですが、ある日、予告編の映像が届いたんです。それを午前中の11時ごろに自宅のベッドの中で見たんですけど、途中で恩田先生の『映画化は無謀、そう思っていました。「参りました」を通り越して「やってくれました!」の一言です。』という言葉が目に入ってきて…、布団の中で泣いてしまいました」。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
《text:Naoki Kurozu/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top