【インタビュー】松岡茉優 “素”をさらすことで背負う、女優としての覚悟

松岡茉優の勢いが留まるところを知らない。

最新ニュース インタビュー
松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 『蜜蜂と遠雷』(C)2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
  • 松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii

堂々と“素”の自分をさらす「イメージなんて問題ない」


そんな中で、女優・松岡茉優がこれだけ多くの作品で求められるのはなぜか? 彼女の武器は何なのか? “演技力の高さ”と言ってしまえば簡単だが、どんなタイプの役であっても、過去の作品のイメージを引きずることなく自然に演じ分けてしまうところではないか? 本作や『ちはやふる』シリーズで演じたような天才タイプから、『勝手にふるえてろ』で演じたような初恋をこじらせた暴走気味の女子まで、ひとつのイメージに固定されることなく役柄ごとに見事に演じきる。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
「私はバラエティ番組の『おはスタ』への出演がほぼデビューだったんですが、それもあってかいまでも、バラエティ番組に出るのはすごく好きなんです。でもある時期、周りから『あんまりバラエティに出過ぎない方がいいよ』と言われたことがあって」。

「それは女優の仕事で使うのとは違う筋肉を使わなくてはいけないので、心身の健康を心配してでもあったと思うんですが、一方で『バラエティに出過ぎてイメージが付いちゃうと、役に影響するよ』という指摘もありました。でも、その意見はちょっと受け入れられなくて、女優の仕事で、その役として超越した存在でいられれば、イメージなんて問題ないはずでしょと。そこは私の責任なのでチャレンジさせてほしい――すごくカッコつけた言い方ですが、切り拓いていきたいと思ったんです」。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
バラエティやトーク番組で“素”の自分をさらすことで、逆に作品ごとの役柄に対する責任を背負い込む。その覚悟が彼女を支えている。

パターンを背負う必要もないし、“誰か”っぽくなりたいわけでもないから『○○っぽいと思われるからやめた方がいいかも』なんて考える必要もない。心配してくださった方たちに納得していただいて、『全然大丈夫だね』と思ってもらいたいという思いは根底にあるかもしれませんね。『真面目だね』と『ストイックだね』なんて言われることもあるんですけど、全然そんなもんじゃなくて、そもそも怠け癖があるから、そうやって自分を律してないといけないんです(笑)」。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
女優としてやりたいことは「心が腐りかけてた10代の頃も含めて(笑)、変わってない」とも。

生きづらさを感じてる人が明日、生きるのがちょっと楽になる――そんな作品を届けたい。忙しさに追われて、目の前のことばかりに躍起になって空回りしていた時期もあったけど、いまは少し落ち着いて、女優として健康的に物事が進んでるなと感じています。自分のペースで変わらずにやっていけたらと思います」。

松岡茉優『蜜蜂と遠雷』/photo:You Ishii
《text:Naoki Kurozu/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top