※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

オダギリジョー、菊地凛子と“父”役で共演「実はとても面白い人」『658km、陽子の旅』

先日、第25回上海国際映画祭にて最優秀作品賞、最優秀女優賞、最優秀脚本賞の最多3冠に輝いた菊地凛子主演映画『658km、陽子の旅』。この度、オダギリジョーの追加場面カットとともに、熊切和嘉監督と菊地さんへ寄せたコメントが到着した。

映画 邦画ニュース
注目記事
『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員
  • 『658km、陽子の旅』©2022「658km、陽子の旅」製作委員

先日、第25回上海国際映画祭にて最優秀作品賞、最優秀女優賞、最優秀脚本賞の最多3冠に輝いた菊地凛子主演映画『658km、陽子の旅』。この度、オダギリジョーの追加場面カットとともに、熊切和嘉監督と菊地さんへ寄せたコメントが到着した。


>>『658km、陽子の旅』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、父の訃報を受け、東京から青森県弘前市の実家までヒッチハイクをすることになった主人公・陽子が、東京ー福島ー宮城ー岩手ー青森をたどる旅の中で出会う人々とのトラブルや温かい交流を通して、後悔を抱え孤立した心を癒していく一夜の物語。

本作で、菊地さん演じる陽子の父・工藤昭政役を演じたのがオダギリさん。『ぜんぶ、ボクのせい』や『アジアの天使』など、唯一無二の魅力で俳優として活躍するほか、近年ではNHKドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」や『ある船頭の話』で脚本・監督に挑戦するなど表現の幅を広げ続けている。

どんな役柄でも自分のものにしてしまうオダギリさんは、長らく離れて暮らしていた陽子が“最後に見た父”である24年前の40代の姿で、自分の葬儀へと向かう陽子の前に、幻影として現れる印象的な役柄を演じた。

特筆すべき点は、台詞がひと言もなく、その佇まいだけで圧倒的な存在感を発揮し、作品に奥行きと深みを持たせているところ。作品の冒頭、青森へと向かう高速での車中で、いつの間にか、陽子の横に座る父として登場し、「何、死んじゃっているのよ」と言われても陽子を見て微笑みをみせる。

その後、サービスエリアでは、ひっそりと置かれた顔ハメ看板で「渋滞になるとすぐ苛々して怒ったよね。うるせぇって」と言われると、相変わらず笑っているが、若干気まずそうに看板の穴から顔を出している。

別のサービスエリアでは、「お父さん、一回私のこと諦めたよね」と呟く陽子の隣にいて煙草をふかす姿も。その表情は、無表情に近い。東京から青森への道中、その時々の表情は陽子の心情に寄り添うかのようであり、父・昭政が陽子に葬儀に参列してほしい願いのようにも見える。やがて物語が終盤へと向かう中、父はどんな佇まいで、どんな表情を陽子に見せることになるのか。

オダギリさんは、今回の自分の役について「菊地さんのお父さん役と最初に聞いて、台本読む前はどういうこと? と。年も近いし、どうするんだろうと思ったが、台本を読んで、菊地さんが最後に見たお父さんのイメージだということが理解できてようやくオファーをいただいた意味がわかった。自分でも、どう映るか、どう成立しているかが楽しみ」と語っていた。

菊地さんとの共演については、「菊地さん、見た目の印象だとクールそうに思うかも知れませんが、実はとても面白い人なんです。お会いするのは2、3年ぶりだったのですが、話していて飽きないですね。今回は津軽弁を喋っている菊地さんがとっても新鮮でした」とコメント。

熊切監督には、「今回初めて熊切組に参加させていただきました。熊切さんは同世代として意識せざるを得ない存在でしたし、いつかご一緒したいと思っていました。現場での監督は丁寧で和かに、それでいて挑戦を忘れない姿勢が印象的でした。今回は、数日だけの参加でしたが、次回はじっくりとものづくりできる作品に呼んでもらえると嬉しいです」と再タッグへの期待を語っていた。

『658km、陽子の旅』は7月28日(金)よりユーロスペース、テアトル新宿ほか全国にて順次公開。


オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ ブルーレイ [Blu-ray]
¥5,007
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ある船頭の話
¥1,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top