手振りを交えながら作品について熱弁を奮ってくれた photo:HIRAROCK