最新ニュース レポート記事一覧(441 ページ目)

『ユメ十夜』清水崇監督「第三夜」完成すべてが無事クランクアップ 画像
レポート

『ユメ十夜』清水崇監督「第三夜」完成すべてが無事クランクアップ

こんな夢を見た…の冒頭で始まる、明治の文豪・夏目漱石の数ある作品の中で異色の魅力を放ち、漱石を解明するバイブルともされている短編小説「夢十夜」。映画化不可能とされてきた幻想小説に、日本が誇る天才・異彩監督10人が独自の解釈を取り入れて、十夜で成り立つオムニバス映画『ユメ十夜』を紡ぎあげる。

『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、藤田宜永、若松節朗監督舞台挨拶  画像
レポート

『子宮の記憶/ここにあなたがいる』松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、藤田宜永、若松節朗監督舞台挨拶

忘れない痛み、消せない絆。僕を誘拐した“ほんとうの母親”を探しに旅に出る——。他人と言い切れぬ仮想の母子の禁断の愛を描いた『子宮の記憶/ここにあなたがいる』の完成披露舞台挨拶が10月30日(月)、主演の松雪泰子、柄本佑、野村佑香、寺島進、原作者の藤田宜永、そして若松節朗監督の豪華ゲストを迎えて行われた。

コスプレ美女10名が秋葉原をジャック!?「チャーリー・ジェイド」イベント開催 画像
レポート

コスプレ美女10名が秋葉原をジャック!?「チャーリー・ジェイド」イベント開催

来年1月12日にリリースされる新作TVシリーズ「チャーリー・ジェイド」のプロモーションとして“ヴェクスコアガールズ コスプレDVDサンプリング”が秋葉原で行われた。本編内に登場する巨大企業ヴェクスコア社のコスチュームをまとった美女10名が特製DVD2,000枚を配布。同時に巨大ビジョンにて予告編も放映され、土曜日ということもあり多くの人で溢れた電気街口付近では、配布用に準備された大量のDVDは瞬く間になくなった。

『ユア・マイ・サンシャイン』公開記念 精神科医・名越康文先生<必ず幸せになれる>恋愛トークショー 画像
レポート

『ユア・マイ・サンシャイン』公開記念 精神科医・名越康文先生<必ず幸せになれる>恋愛トークショー

奥手なソクチュンと美しい女性ウナは結婚を経て幸せな生活を始めるが、ウナの過去やHIVに侵されているという現実が、幸せな2人を引き離していく…。どんな困難をも乗り越えて愛し抜くと誓った2人の、奇跡のような実話を映画化した『ユア・マイ・サンシャイン』。10月28日(土)、本作の公開を記念して精神科医・名越康文先生による<必ず幸せになれる>恋愛トークショー付きの試写会が行われた。

『犬神家の一族』豪華キャスト勢揃い「第19回東京国際映画祭」閉幕 画像
レポート

『犬神家の一族』豪華キャスト勢揃い「第19回東京国際映画祭」閉幕

遂に最終日を迎えた第19回東京国際映画祭。この日のメインイベントとして、クロージング作品『犬神家の一族』の上映が行われ、渋谷Bunkamuraオーチャードホールでは市川崑監督をはじめ、石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助と豪華キャストを揃えての舞台挨拶&レッドカーペットが行われ、大勢のマスコミとファンが詰めかけた。

話題作に満席の観客『リトル・ミス・サンシャイン』舞台挨拶「第19回東京国際映画祭」9日目 画像
レポート

話題作に満席の観客『リトル・ミス・サンシャイン』舞台挨拶「第19回東京国際映画祭」9日目

映画祭8日目。東京 サクラ グランプリ発表前日の10月28日(土)、渋谷Bunkamuraオーチャードホールはコンペティション作品『リトル・ミス・サンシャイン』を観ようと1階はもちろん、2階も3階も埋め尽くす観客の熱気に包まれた。

注目の2大芸術作品『パフューム ある人殺しの物語』『敬愛なるベートーヴェン』上映「第19回東京国際映画祭」7日目 画像
レポート

注目の2大芸術作品『パフューム ある人殺しの物語』『敬愛なるベートーヴェン』上映「第19回東京国際映画祭」7日目

東京国際映画祭も残すところ3日。この日は2本の芸術作品が話題を集めた。1本目は、ドイツをはじめ世界各国で大ヒットを記録し、アカデミー賞の呼び声の高い『パフューム ある人殺しの物語』。スティーヴン・スピルバーグやマーティン・スコセッシといった名だたる巨匠たちが映画化を熱望しつつも原作者が映画化を拒み続けてきた本作、ようやくドイツで映画化が実現し、監督に白羽の矢が立ったのは『ラン・ローラ・ラン』のトム・ティクヴァ。初主演に抜擢されたのは、『ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男』のキース・リチャーズ役が記憶に新しいベン・ウィショー。舞台挨拶には両名が揃い、大勢の映画ファンが詰めかけた。もう1本はベートーヴェンの晩年に焦点を当て、あの“第九”が生み出された背景を描いた『敬愛なるベートーヴェン』。舞台挨拶に登場したアニエスカ・ホランド監督は「日本では“第九”はとても馴染みのある曲だと聞いているわ。だから、この映画も気に入ってもらえると嬉しい」と、一緒に来日できなかったエド・ハリスとダイアン・クルーガーの想いを込めて観客にメッセージを贈った。

テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目 画像
レポート

テリー・ギリアムが惚れ込んだ若き監督来日「第19回東京国際映画祭」6日目

佳境に突入した東京国際映画祭6日目。六本木ヒルズでは、1975年のイギリスでデビューを飾った結合体双生児ロックバンド、ザ・バンバンの栄光と悲劇を描いた『ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド』記者会見が行われ、初来日となるキース・フルトン&ルイス・ペペ監督が登壇。鬼才テリー・ギリアム監督もが惚れ込んだ両監督を一目見ようと多くのマスコミが集まった。更にこの日は初日のレッドカーペットで18人のベリーダンサーたちを引き連れた派手な演出で話題を呼んだ『TANNKA 短歌』のキャスト・スタッフも記者会見に勢揃い。先日は鮮やかなブルーのロングドレスで美しいスタイルを披露した黒谷友香が今回は大胆にスリットの開いたUngaro(ウンガロ)のピンクのドレスで登場。会場はなんとも艶やかなムードに包まれた。

“ストロベリーショートケイクスを巡る音の旅”開催 画像
レポート

“ストロベリーショートケイクスを巡る音の旅”開催

10月22日、渋谷アップリンク・ファクトリーにて映画『ストロベリーショートケイクス』のサウンドトラックを手がけた女性音楽家のmiroque(みろく)がゲストを招いて開催する音楽会“ストロベリーショートケイクスを巡る音の旅”が行われた。

東京国際映画祭コンペティション『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』 エディソン・チャン舞台挨拶 画像
レポート

東京国際映画祭コンペティション『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』 エディソン・チャン舞台挨拶

『インファナル・アフェア』シリーズで注目を集め、昨年は窪塚洋介主演の『同じ月を見ている』や『頭文字(イニシャル)D THE MOVIE』など邦画話題作に立て続けに出演、本国のみならず日本でも人気急上昇中の香港若手No.1俳優、エディソン・チャン。昨年の東京国際映画祭で特別招待作品として上映された『同じ月を見ている』に続き、今年は最新主演作『ドッグ・バイト・ドッグ(原題)』がコンペティションに参加。10月26日(木)、監督のソイ・チェン、プロデューサーのサム・レオンとともに舞台挨拶に登壇した。

酒井若菜、ユンソナ、栗山千明、森下愛子、薬師丸ひろ子“女性版キャッツ”登場「第19回東京国際映画祭」5日目 画像
レポート

酒井若菜、ユンソナ、栗山千明、森下愛子、薬師丸ひろ子“女性版キャッツ”登場「第19回東京国際映画祭」5日目

映画祭もいよいよ折り返し地点。5日目は渋谷Bunkamuraシアターコクーンに「木更津キャッツアイ」ファンが大集結! 公開目前の『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』を一足早く観ようと、開場後まもなく747あるシアターコクーンの席は満席になった。この日の舞台挨拶には“女性版キャッツ”がゲストとして登場。モー子役の酒井若菜、ユッケ役のユンソナ、杉本文子役の栗山千明、ローズ役の森下愛子、美礼先生役の薬師丸ひろ子という豪華メンバーの登場に会場からは「かわいい〜!!」という歓声があがった。続いて同会場で行われたコンペティション部門作品『松ヶ根乱射事件』記者会見には“キム兄”こと木村祐一をはじめ、新井浩文、三浦友和、そして山下敦弘監督が登壇。個性の強いメンバーによる会見は終始笑いに包まれた。

東京国際映画祭コンペティション『松ヶ根乱射事件』記者会見 画像
レポート

東京国際映画祭コンペティション『松ヶ根乱射事件』記者会見

第19回東京国際映画祭コンペティション部門に出品されている『松ヶ根乱射事件』の記者会見が25日(水)、Bunkamuraで行われ、監督の山下敦弘、主演の新井浩文、三浦友和、木村祐一が姿を見せた。

一足先にクリスマス気分「第19回東京国際映画祭」4日目 画像
レポート

一足先にクリスマス気分「第19回東京国際映画祭」4日目

早くも4日目を迎えた東京国際映画祭。本日最も賑わったのは大沢たかお、中谷美紀という豪華キャストが話題の『7月24日通りのクリスマス』舞台挨拶。大勢のファンの前に2人が登場し、「一足先にクリスマス気分を味わってください!」とメッセージを贈った。夜は昨年、同映画祭で特別招待作品として上映された『大停電の夜に』に続き、今年は主演作『不完全恋人』を持っての参加となった阿部力が舞台挨拶に登壇。テレビドラマ「花より男子」に“F4”の1人として出演し、日本でも一気に人気を広めた彼は、「初めての主演でプレッシャーを感じた」と少々緊張気味の表情で本音を語った。

『暗いところで待ち合わせ』田中麗奈、チェン・ボーリン、宮地真緒、天願大介監督舞台挨拶 画像
レポート

『暗いところで待ち合わせ』田中麗奈、チェン・ボーリン、宮地真緒、天願大介監督舞台挨拶

17歳で作家でデビュー以来、新作発表の度にファンの心を魅了し続ける人気俊英作家、乙一。作家生活10周年を迎える記念すべき本年に、同名小説の映画化が実現。10月23日(月)、11月に公開を控えた『暗いところで待ち合わせ』の特別試写会が行われ、故・今村昌平監督の長男であり、脚本家、さらには緻密で繊細な人物描写を特徴とする監督として高い評価を得ている天願大介監督、そして主演の田中麗奈、チェン・ボーリン、宮地真緒と豪華キャストを迎えての舞台挨拶が行われた。

松田龍平、市原隼人が舞台挨拶に登場「第19回東京国際映画祭」3日目 画像
レポート

松田龍平、市原隼人が舞台挨拶に登場「第19回東京国際映画祭」3日目

東京国際映画祭3日目は、初日に『世界はときどき美しい』の舞台挨拶に登壇した松田龍平が、幕末の混乱期にイギリスに密航し日本を変えた男たちの若き日を綴った『長州ファイブ』舞台挨拶に登場。『御法度』(99)以来7年振りにサムライを演じる松田さんをはじめ、魅力的なキャストに注目です。又市原隼人、上野樹里主演の『虹の女神 Rainbow Song』舞台挨拶では、テーマソングを歌う種ともこによるスペシャル生ライブも行われ、観客を楽しませた。

ティム・バートン緊急来日!『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶 画像
レポート

ティム・バートン緊急来日!『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス ディズニー デジタル 3-D』初日舞台挨拶

1993年に発表したストップ・モーションの金字塔『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が、12年の時を経て“ディズニー・デジタル・3D”という究極の魔法を吹き込まれた。 デジタル上映ならではの画面の美しさと立体映像ならではの臨場感に、観客はあたかも映画そのものに包まれたような感覚に引き込まれる。

東京国際映画祭特別招待『ユメ十夜』ワールドプレミア舞台挨拶 画像
レポート

東京国際映画祭特別招待『ユメ十夜』ワールドプレミア舞台挨拶

文豪・夏目漱石の幻想小説「夢十夜」の完全映画化を実現した『ユメ十夜』。日本映画界の巨匠から若手まで、10人の映画監督たちが独自の解釈を取り入れ、10分×10話のオムニバス映画として完成させた本作。10月22日(日)、特別招待作品部門に出品されている第19回東京国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、各作品を代表して(写真上:左から)角田豊、うじきつよし、清水崇、清水厚、豊島圭介、TOZAWA、河原真明、藤岡弘、緒川たまき、山口雄大、と個性的な10名が舞台挨拶に登壇した。

『父親たちの星条旗』ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェームズ・ブラッドリー来日記者会見 画像
レポート

『父親たちの星条旗』ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、ジェームズ・ブラッドリー来日記者会見

アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、第二次世界大戦中の歴史的な戦いを日米双方の視点で描く『父親たちの星条旗』と『硫黄島からの手紙』。10月20日(金)、翌日から開催される東京国際映画祭のオープニング上映作品『父親たちの星条旗』特別ゲストとして、主演のジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ、そして原作者のジェームズ・ブラッドリーが来日し、記者会見を行った。

『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶 画像
レポート

『パプリカ』東京国際映画祭animecs TIFF&digital TIFFオープニング舞台挨拶

ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた今敏監督の『パプリカ』が第19回東京国際映画祭にてanimecs TIFFとdigital TIFFの共同オープニング作品として登場。一般の観客にはこれが初めてのお披露目となり、上映前の舞台挨拶では今敏監督、原作者の筒井康隆、時田の声を演じたベテラン声優・古谷徹が登壇し会場は熱気に包まれた。

ダーレン・アロノフスキー監督が緊急来日!「第19回東京国際映画祭」2日目 画像
レポート

ダーレン・アロノフスキー監督が緊急来日!「第19回東京国際映画祭」2日目

昨日華やかに幕を開けた東京国際映画祭。2日目、10月22日(日)はコンペティション部門にノミネートされている阪本順治監督最新作『魂萌え!』の上映が行われ、主演の風吹ジュン、加藤治子、阪本監督、そして李鳳宇(エグゼグティブ・プロデューサー)の4名が舞台挨拶&記者会見に登壇。さらに、奥様であるアカデミー賞女優レイチェル・ワイズとの間に子供が生まれたばかり、というめでたいダーレン・アロノフスキー監督が緊急来日!

レッドカーペットに豪華スター勢揃い「第19回東京国際映画祭」開幕 画像
レポート

レッドカーペットに豪華スター勢揃い「第19回東京国際映画祭」開幕

10月21日(土)、今年で19回目を迎える東京国際映画祭が華やかに幕を開け、会場の六本木ヒルズ・けやき坂には200メートルのレッドカーペットが敷かれ、総勢286名の国内外を代表する監督や俳優がファンの前に姿を現した。

『007/カジノ・ロワイヤル』エヴァ・グリーン、マーティン・キャンベル監督来日記者会見 画像
レポート

『007/カジノ・ロワイヤル』エヴァ・グリーン、マーティン・キャンベル監督来日記者会見

10月17日(火)、2007年の正月映画として注目を集める「007」シリーズの最新作、『007/カジノ・ロワイヤル』の来日記者会見が行われた。特別映像上映付きで行われた本記者会見、会場の新宿パークタワーホールに現れたのは、「007」ジェームズ・ボンドが誕生するきっかけとなる“運命の女性”を演じたエヴァ・グリーン。シリーズでは、『007/ゴールデンアイ』に続いて監督2作目となるマーティン・キャンベル。さらにプロデューサーのバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソンも顔を揃え、本作についての思いのたけを語った。

  1. 先頭
  2. 390
  3. 400
  4. 410
  5. 420
  6. 430
  7. 436
  8. 437
  9. 438
  10. 439
  11. 440
  12. 441
  13. 442
  14. 443
  15. 444
  16. 445
  17. 446
  18. 最後
Page 441 of 449
page top