ドラマ/ ロマンス/ 歴史劇 『マリー・アントワネット』作品情報

2007年1月20日 公開の映画作品

あらすじ

わずか14歳でフランス・ブルボン王家に嫁ぎ、16歳でフランス王妃に即位したマリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)。王室のみならず、国民からのプレッシャーを背負いながら待望の世継ぎを生み、公務をこなし、王妃としての義務を全うする一方、心の隙間を埋めるために享楽に溺れた日々…。そして、つかの間に燃えた忍ぶ恋。この上なく優雅に見える暮らしの中で、羨望と嫉妬を一身に浴びながら、王妃として、女として、彼女は何を感じ、何を思ったのか――。革命の嵐にのみ込まれ、断頭台の露と消えていった“悲劇のヒロイン”の心の揺れを優しいまなざしで追っていく。

スタッフ

監督

ソフィア・コッポラ

キャスト

  • キルスティン・ダンストマリー・アントワネット
  • ジェイソン・シュワルツマンルイ16世
  • リップ・トーンルイ15世
  • ジュディ・デイヴィスノアイユ伯爵夫人
  • アーシア・アルジェントデュ・バリー夫人
  • マリアンヌ・フェイスフルマリア・テレジア女帝

作品データ

  • 2007年1月20日より日劇1ほか全国にて公開
  • 原題MARIE ANTOINETTE
  • 製作年2006
  • 製作国アメリカ合衆国
  • 上映時間123分
  • 映倫区分
  • 配給会社東宝東和
  • クレジット© 2006 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

この作品が気になる人には、こちらもおすすめ

『マリー・アントワネット』関連記事

現代のマリー・アントワネット(?)梨花、マリーの20数年遅れでゴールイン? 画像
レポート

現代のマリー・アントワネット(?)梨花、マリーの20数年遅れでゴールイン?

18歳で王妃に即位し、世界中の注目を浴びながら人生の絶頂期を過ごし、やがて転落していったマリー・アントワネット。この18世紀最大のセレブリティの、誰も知ることのなかった心の軌跡を描き、日本でも25億円のヒットを記録した映画『マリー・アントワネット』のDVDが7月19日(木)に発売された。7月29日(日)、東京・渋谷でDVD発売記念イベントとして、モデル・タレントの梨花を迎えてのトークショーが行われた。

映画にまつわるファッション小噺 vol.33 フランス映画の女たち 画像
コラム

映画にまつわるファッション小噺 vol.33 フランス映画の女たち

今月20日に閉幕したフランス映画祭2007。レッドカーペットの様子は前回ご紹介しましたが、おしゃれの国フランスからやって来ただけあって、作品の中のファッションも素敵です。

最優秀衣裳賞『マリー・アントワネット』受賞 画像
スクープ

最優秀衣裳賞『マリー・アントワネット』受賞

『ロスト・イン・トランスレーション』のソフィア・コッポラ監督による『マリー・アントワネット』が衣裳賞を受賞。ファッション業界を舞台にした『プラダを着た悪魔』を押さえての受賞となった。とはいえ、18世紀のフランス、ヴェルサイユ宮殿を舞台にした豪華絢爛な衣裳は、誰もが美しいと思うはず。

アジア各国配給に向け好スタート!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々、平岡祐太舞台挨拶 画像
レポート

アジア各国配給に向け好スタート!『僕は妹に恋をする』松本潤、榮倉奈々、平岡祐太舞台挨拶

「嵐」松本潤の初単独主演作となる『僕は妹に恋をする』が1月20日(土)公開初日を迎え、恵比寿ガーデンシネマでは初回と2回目の上映時、キャストと監督による舞台挨拶が行われた。早朝より恵比寿ガーデンシネマにつめかけた満席の観客約200名を前に登壇したのは、安藤尋監督はじめ、出演者の松本潤、榮倉奈々、平岡祐太、小松彩夏の5名。

究極の贅沢が花盛り!神田うの、假屋崎省吾『マリー・アントワネット』公開記念イベント 画像
レポート

究極の贅沢が花盛り!神田うの、假屋崎省吾『マリー・アントワネット』公開記念イベント

わずか14歳でフランス・ブルボン王家に嫁ぎ、16歳でフランス王妃に即位したマリー・アントワネット。最も愛され、最も憎まれた、世界一有名な王妃に新たな光をあてたソフィア・コッポラの最新作『マリー・アントワネット』の公開記念イベントが青山のフレンチレストラン「BENOIT」にて開催され、ゲストとして神田うの、華道界のカリスマ・假屋崎省吾が来場した。

ファッション、メイク、スウィーツに釘付け!『マリー・アントワネット』レビュー 画像
コラム

ファッション、メイク、スウィーツに釘付け!『マリー・アントワネット』レビュー

マリー・アントワネット。フランス国王ルイ16世の王妃。フランス革命の混乱の中ギロチンで斬首刑にされた女性──教科書で学ぶマリー・アントワネットは何故か“悪い”王妃という印象が強い気がする。ところが、ソフィア・コッポラの手にかかるとあら不思議。オーストリアとフランスの政略結婚の犠牲となった悲劇の女性というだけではない、王妃として、妻として、母として、ひとりの女性としてのマリーが何とも魅力的に映し出されているのだ。

映画にまつわるファッション小噺 vol.17 キャンディートーンの『マリー・アントワネット』 画像
コラム

映画にまつわるファッション小噺 vol.17 キャンディートーンの『マリー・アントワネット』

ずーっと観逃し続けていた『マリー・アントワネット』をやっと観てきました。いきなり、現代音楽=ロックから始まるオープニングはいかにも、ソフィア・コッポラらしい“ひねり”。歴史書にあるような憎まれ役のマリー・アントワネットではなく、彼女なりの視点を大切にした王妃像にも親しみがわきます。ソフィアらしいといえば、ファッションも。キャンディ・カラーで統一されたドレスや靴の数々は、シャネルでカール・ラガーフェルドの元で働いた経験を持ち、自らもデザイナーであり、ファッションの威力を誰よりも知るソフィアだからこその演出が続出しています。

ソフィア・コッポラ最新作『マリー・アントワネット』1月20日公開初日決定 画像
スクープ

ソフィア・コッポラ最新作『マリー・アントワネット』1月20日公開初日決定

『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー賞脚本賞を受賞したソフィア・コッポラの最新作『マリー・アントワネット』の公開初日が1月20日に決定した。

page top