『オープン・シーズン』作品情報

2006年12月9日 公開の映画作品

あらすじ

山あいにある静かな町、ティンバーライン。人間と一緒に気ままな暮らしをしていたクマのブーグ(マーティン・ローレンス)は、ある日、ハンターに捕らえられていたシカのエリオット(アシュトン・カッチャー)と出会う。しかし、そのエリオットを助けたことから、ブーグの生活は一変。自然での暮らし方を知らないブーグが、エリオットと共に森に放り出されてしまったのだ! オープン・シーズン(狩猟解禁の日)まで、あと、わずか。ブーグは、エリオットや森の動物たちを仲間にして、生き延びることができるのか? ソニー・ピクチャーズ アニメーション、CGアニメーション第1弾。森を舞台に、感動のサバイバル・アドベンチャー、大自然初体験のクマ・ブーグの大冒険が始まる!

スタッフ

監督

ロジャー・アラーズ

監督

ジル・カルトン

監督

アンソニー・スタッチ

キャスト

作品データ

  • 2006年12月9日より日劇3ほか全国東方洋画系にて公開
  • 原題OPEN SEASON
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジットOpen Season © 2006 Sony Pictures Animation Inc. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『オープン・シーズン』関連記事

寒さは笑って吹き飛ばせ!『オープン・シーズン』ロジャー・アラーズ、ジル・カルトン監督来日インタビュー 画像
インタビュー

寒さは笑って吹き飛ばせ!『オープン・シーズン』ロジャー・アラーズ、ジル・カルトン監督来日インタビュー

心温まる動物映画が多数公開される今冬。街中で暮らしていたクマが、未体験の野生の森に放り出されたことから始まる冒険を描いた『オープン・シーズン』がいよいよ日本に上陸する。甘えん坊なペットのクマ・ブーグをはじめ、トラブルメーカーのシカ・エリオットやビーバー、ヤマアラシなど、次々と登場するユニークな動物キャラクターたちと、繊細で美しい映像が魅力の本作。公開を控え来日した2人の監督、ロジャー・アラーズとジル・カルトンに見所を語ってもらった。

動物がいっぱい、アニマル系おすすめ映画 vol.3 日本“解禁”はもうすぐそこ。『オープン・シーズン』 画像
コラム

動物がいっぱい、アニマル系おすすめ映画 vol.3 日本“解禁”はもうすぐそこ。『オープン・シーズン』

動物が登場するアニメ映画といえば、誰もが楽しめる娯楽の定番。『ファインディング・ニモ』『アイス・エイジ』などに代表されているように、可愛いらしいキャラクターと心温まるストーリーが魅力です。このジャンルを得意とし、これまでに成功を収めているのが、ディズニー(&ピクサー)や20世紀フォックスやドリームワークス。

動物がいっぱい、アニマル系おすすめ映画 vol.1 映画館はZOO状態に!? 画像
コラム

動物がいっぱい、アニマル系おすすめ映画 vol.1 映画館はZOO状態に!?

この秋から年末にかけて、妙に多いアニマル系映画。動物が登場する作品といえば、ファミリー映画の定番なので、夏休みや年末には多くなるものなのだけど、今年は異例なほどに動物がらみのものが多い。タイトルに動物が入るものを含めると、動物が登場し大活躍するファミリー映画に留まらず、ヒューマンドラマやミステリーなど、秋から年末にかけて映画館はZOO状態になりそうです。

『オープン・シーズン』ワールドプレミアに木村佳乃と八嶋智人が参加 画像
レポート

『オープン・シーズン』ワールドプレミアに木村佳乃と八嶋智人が参加

甘えん坊のクマ、ブーグが、育ての親である人間、ベスの手を離れ大自然で暮らすことによって成長し、自立していく感動のフルCGアニメ、『オープン・シーズン』のワールドプレミアが9月25日、ロサンゼルスのグリフィス・シアターで行われた。

『オープン・シーズン』石塚英彦、八嶋智人、木村佳乃公開アフレコ 画像
レポート

『オープン・シーズン』石塚英彦、八嶋智人、木村佳乃公開アフレコ

今冬、人に飼われて育った熊と、野生の鹿の不思議な出会いと冒険を描いたハートフルアドベンチャーアニメ『オープン・シーズン』がスクリーンに登場する。ハイイログマ・ブーグの声を演じるのはグルメ番組でも活躍するお笑い芸人、石塚英彦。そしてミュールジカ・エリオットの声を演じるのはお茶の間で人気の八嶋智人。9月6日、2人は木村佳乃とともに公開アフレコに登場。記者の「キャラクターが人間になったらそのままの感じですね」というコメントに「これで実写版ができますよ」(八嶋)と応えるなど、終始笑いに包まれた。

page top