『エンジェル (2007)』作品情報

2007年12月8日 公開の映画作品

あらすじ

1900年初頭、イギリスの貧しい家で生まれたエンジェル(ロモーラ・ガライ)は、作家という夢を実現するべく自らの著書を出版社に売り込む。やがてベストセラー作家へと生まれ変わった彼女は、ある日知り合いから駆け出しの画家・エスメ(マイケル・ファスベンダー)を紹介される。出会ってすぐに恋に落ちたエンジェルは、彼に猛烈なほどに愛情を捧げ、遂に結婚を果たす。作家としての地位、愛する人との結婚生活…自分の望むべきものを手に入れ、幸せをかみしめるエンジェル。しかし、迫り来る戦争や時代の風潮によって、彼女の幸せな生活も長くは続かなかった。次から次へと彼女の前に立ちはだかる過酷な現実の先に、彼女はどんな人生のシナリオを描くのか…? 『8人の女たち』のフランソワ・オゾンが、新たな女性像を描き出す。

cocoレビューを見る

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年12月8日より日比谷シャンテ シネ、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
  • 原題ANGEL/The Real Life of Angel Deverell
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2006 - Fidelite Films - Headforce 2 - Scope Pictures - FOZ - Virtual films - Wild Bunch - France 2 Cinema
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『エンジェル (2007)』関連記事

ブロンテ姉妹にまつわる新作2本の明暗 画像
ゴシップ

ブロンテ姉妹にまつわる新作2本の明暗

先頃、オスカー候補にもなった主演作『JUNO/ジュノ』のプロモーションで来日したエレン・ペイジが、英国の古典でブロンテ姉妹の長女・シャーロット原作の「ジェイン・エア」の映画化でヒロインを演じることが決定した。これまで何度も映画化されてきた名作で、秋に撮影開始予定。

気になるお正月映画&ファッション小噺Vol.68 パーティでライバルに差をつける 画像
コラム

気になるお正月映画&ファッション小噺Vol.68 パーティでライバルに差をつける

何かと会合の多いパーティシーズン真っ只中。シャンパンに楽しいおしゃべり…と、パーティは楽しいけれど、着ていくものがないとお困りの人も多いはず。それならば、装いのヒントをいただきに、映画館に行ってみてはいかがでしょう。映画は、お手本になるようなファッションにあふれています。

真似したい…けどちょっと難しい? 叶美香が語るシンデレラ・ストーリーのすすめ 画像
レポート

真似したい…けどちょっと難しい? 叶美香が語るシンデレラ・ストーリーのすすめ

上流階級に強い憧れを抱く少女がその思いを小説として綴ることで作家デビューを果たし、思い描いた人生の階段を上りつめていく様を描いた『エンジェル』。12月8日(土)の公開を前に“ドレスアップ試写会”と銘打って女性限定の試写会が12月4日(火)に開催され、上映前のトークショーにタレントの叶美香が登場した。

フランソワ・オゾンの新たなミューズ、ロモーラ・ガライが語る『エンジェル』 画像
インタビュー

フランソワ・オゾンの新たなミューズ、ロモーラ・ガライが語る『エンジェル』

小さな田舎町で質素に暮らす少女が、華やかな上流社会へ強い憧れを持ち、あふれんばかりの思いを書き綴り、小説家として人気を博す。名声と豪邸での贅沢な暮らし、名家に生まれた画家との結婚──。

「あとは観客が好きに解釈してくれればいい」フランソワ・オゾンが語る『エンジェル』 画像
インタビュー

「あとは観客が好きに解釈してくれればいい」フランソワ・オゾンが語る『エンジェル』

『まぼろし』や『8人の女たち』、『スイミング・プール』といった作品で、女性の美しさばかりか業の深さまでも、誰も思いつかないような形で活写してみせたフランソワ・オゾン。前作『ぼくを葬る』は、彼の分身とも思える青年の死生観の物語だったが、最新作『エンジェル』は、再び女性が主人公。その波瀾万丈な半生を思いきりドラマティックに描く。貧しい家庭に生まれ、上流階級に強い憧れを抱いて育った少女・エンジェルが、やがて人気小説家となり、夢見た人生──富も名声も愛する男性も手に入れる。だが、過去やつらい現実とは向き合わず、自ら作り上げた虚構の世界に逃避することで、彼女の人生には、取り返しのつかない歪みが生じていく。往年のハリウッド映画を意識したカラフルな映像と、新たに見出したミューズ、ロモーラ・ガライの怪演が、ヒロインの悲哀をヴィヴィッドに訴えかけてくる。

この秋冬の注目作からユニークな海外3人組がシネマカフェへお祝いメッセージ! 画像
スクープ

この秋冬の注目作からユニークな海外3人組がシネマカフェへお祝いメッセージ!

シネマカフェ10周年を記念して、この10年を彩ってきた数々の映画とシネマカフェの歴史をたどるシネマカフェ10周年特集。いよいよ第3週目に突入し、2005年までの映画史に加え、続々と公開されるお祝いメッセージには、この秋冬注目の映画から3人が新たに登場する。

ファッション小噺vol.61 自意識過剰な19世紀のアイコンが魅せるコスプレ 画像
コラム

ファッション小噺vol.61 自意識過剰な19世紀のアイコンが魅せるコスプレ

近頃、観ているこちらを圧倒するほど派手なコスプレ映画がないなと思っていたら、登場しました。『スイミング・プール』や『まぼろし』など、現代劇をリアルに描くという印象が強いフランスの鬼才フランソワ・オゾンの新作『エンジェル』です。女流小説家エリザベス・テイラーによる原作小説が持つ、極めてイギリス的なビクトリア朝やエドワード朝の雰囲気をきちんと表現したいと、フランス人のオゾンがあえて挑んだ英語作品。女性が自立を始める以前、19世紀後半の英国を舞台に、女流作家として名を成し、傲慢に、でも自分に正直に、自らが思い描いた小説のような人生を生きる姿をエキセントリックに、エモーショナルに映し出しているとても興味深い映画です。

夏木マリ“愛のフランス人宣言”を捧げるオゾン監督、最新作『エンジェル』を携え来日 画像
レポート

夏木マリ“愛のフランス人宣言”を捧げるオゾン監督、最新作『エンジェル』を携え来日

『8人の女たち』、『スイミング・プール』で恐ろしくもミステリアスな女性の魅力を見事に引き出したフランスの気鋭、フランソワ・オゾン。初めて英語劇に挑んだ最新作『エンジェル』の日本公開に先駆けて来日し、9月10日(月)に開かれた記者会見に出席した。会見にはゲストとして“監督と仕事してみたい女優”代表として夏木マリが登場した。

page top