この秋冬の注目作からユニークな海外3人組がシネマカフェへお祝いメッセージ!

最新ニュース

シネマカフェ10周年お祝いメッセージ第3弾
  • シネマカフェ10周年お祝いメッセージ第3弾
シネマカフェ10周年を記念して、この10年を彩ってきた数々の映画とシネマカフェの歴史をたどるシネマカフェ10周年特集。いよいよ第3週目に突入し、2005年までの映画史に加え、続々と公開されるお祝いメッセージには、この秋冬注目の映画から3人が新たに登場する。

先週の加瀬亮、山田孝之という日本組2人に引き続き、再び海外から素晴らしい才能の持ち主たちが第3回目を飾ってくれた。まず、『エンジェル』のヒロインに抜擢され、フランソワ・オゾン監督に「トレビアン!」と絶賛された新星、ロモーラ・ガライ。「10周年おめでとうシネマカフェ!」とお茶目な日本語メッセージを贈ってくれたのは、ハートウォーミングムービー『再会の街で』のマイク・バインダー監督。そして3人目には、世界中で賛否両論の嵐を巻き起こした『大統領暗殺』の監督・脚本・製作を務めたガブリエル・レンジが登場する。

「シネマカフェで見る映画10年」では、2003年『ラスト サムライ』や、2004年の流行語となった「セカチュー」でおなじみ、日本中の涙を誘った『世界の中心で、愛をさけぶ』、そして2005年には、古き良き昭和の日本を見事に描いた『ALWAYS 三丁目の夕日』など、日本映画界の流れを変えた名作の数々をふり返る。

さらに、抽選で話題の4作品の試写会が当たる投票企画「読者が選ぶ10年!」では、第3弾として“最も好きな男優”の投票を受付中。ハリウッド・スターや韓流スター、もちろん国内スターと世界各国の映画スターたちの中からNO.1が決まる。先に行われた投票で決定した“邦画”“女優”の気になるランキングも続々と公開されているので、こちらも要チェック!

シネマカフェで見る映画10年
http://www.cinemacafe.net/special/10th/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top