『ACACIA−アカシア−』作品情報

2010年6月12日 公開の映画作品

あらすじ

さびれた団地で、息子に充分な愛情を注げなかった悔いを胸の底に秘めて生きてきた元覆面プロレスラーの大魔神(アントニオ猪木)。そんな彼の家に転がりこんできた少年、タクロウ(林凌雅)。母親に置き去りにされ、誰にも心を許さないタクロウが、大魔神の前ではなぜか素直になれた。あたたかな住人たち、そして函館の海とアカシアの木々に見守られ、束の間、親子のように暮らす2人だが…。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

辻仁成

キャスト

  • アントニオ猪木
  • 石田えり
  • 北村一輝
  • 林凌雅
  • 坂井真紀

作品データ

  • 2010年6月12日より角川シネマ新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 "ACACIA" Film Partners
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ACACIA−アカシア−』関連記事

アントニオ猪木インタビュー「良いパパにはなれないけど子供に背中見せて生きたい」 画像
インタビュー

アントニオ猪木インタビュー「良いパパにはなれないけど子供に背中見せて生きたい」

アントニオ猪木が実年齢より上の初老の元プロレスラー役で銀幕デビュー。そう聞いて驚いたが、実際の彼が今年で67歳と知ってさらに驚いた。本人曰く「骨密度は30代後半から40代くらい」だそうだが…。老人たちが暮らす寂れた団地の用心棒の男と母親に半ば捨てられた少年の交流を描いた『ACACIA−アカシア−』。本名は明かされず、ただかつてのリングネーム“大魔神”という名で呼ばれるこの男が背負った過去や後悔、様々な思いを猪木さんはどう受け止めたのか? その思いを語ってもらった。

猪木、初主演映画で爆笑挨拶「観に来いよ!観れば分かるさ!」 画像
レポート

猪木、初主演映画で爆笑挨拶「観に来いよ!観れば分かるさ!」

映画『ACACIA−アカシア−』のプレミア試写会が5月31日(月)、東京・港区のヤクルトホールで行われ、同作で映画初主演を果たした元プロレスラーのアントニオ猪木、芥川賞作家の辻仁成監督、同作主題歌を歌う歌手の持田香織らが舞台挨拶に立った。

辻仁成インタビュー 「アントニオ猪木さんをもう一度、リングに上げたかった」 画像
インタビュー

辻仁成インタビュー 「アントニオ猪木さんをもう一度、リングに上げたかった」

父が子供に対して直接、愛情を示すということが簡単なことではないことは、結婚していない者でもよく分かる。辻仁成は、6年ぶり6本目の監督作となる『ACACIA』を「個人的な…身勝手な立場で書いた手紙のようなもの」と表現する。それは、離婚した妻の元に引き取られ、いまは離れて暮らす息子への手紙。伝えたかったのは「忘れたことは一日だってない」という思い。東京国際映画祭のコンペティション部門の一角を占める、父から息子へ向けたこの“優しい私信”について話を聞いた。

【TIFFレポート】辻仁成が率いるバンドZAMZA登場!往年の名曲「ZOO」熱唱 画像
レポート

【TIFFレポート】辻仁成が率いるバンドZAMZA登場!往年の名曲「ZOO」熱唱

東京国際映画祭(TIFF)のコンペティション部門に6年ぶりの監督作『ACACIA』を出品している辻仁成が、自身がボーカルを務めるバンド“ZAMZA(ザムザ)”を率いてTIFFの舞台に登場! 『ACACIA』の主題歌を含む5曲を熱唱した。

【TIFFレポート】辻仁成、不在のアントニオ猪木と支えになった家族への感謝を吐露 画像
レポート

【TIFFレポート】辻仁成、不在のアントニオ猪木と支えになった家族への感謝を吐露

監督・辻仁成×主演・アントニオ猪木という異色の組み合わせで製作され、今年の東京国際映画祭で邦画唯一のコンペティション部門出品を果たした『ACACIA』。本作の公式会見が10月22日(木) に開催され、辻監督が出席した。

辻仁成が自らの思いを映した父の愛にホロリ TIFFコンペ注目作!『ACACIA』 画像
コラム

辻仁成が自らの思いを映した父の愛にホロリ TIFFコンペ注目作!『ACACIA』

ミュージシャン、作家としても活躍する辻仁成が6年ぶりにメガホンを握り、今年の東京国際映画コンペティションの唯一の邦画作品として送り出す『ACACIA』。主演に映画初出演となるアントニオ猪木を迎えたことが注目を集めているが、映画は猪木の存在感だけに頼ることのない、優しく繊細な物語に仕上がっている。

東京国際映画祭、今年の見どころは?コンペ出品作15本を選んだ男に直撃インタビュー 画像
インタビュー

東京国際映画祭、今年の見どころは?コンペ出品作15本を選んだ男に直撃インタビュー

今年で22回目を迎える東京国際映画祭(TIFF)が10月17日(土)に幕を開ける。東京サクラグランプリを競うコンペティション部門を始め、アジアの佳作を紹介する「アジアの風」、さらに多様な日本映画の新作を上映する「日本映画・ある視点」に各国の映画祭で高評価を得た作品を日本で初めて上映する「WORLD CINEMA」などなど、多岐にわたる作品が9日間にわたって一挙上映される。ズバリ、今年のTIFFの見どころは? そして気になる日本代表作品の評価は? 開幕を前にコンペティション部門の作品選定ディレクターを務める矢田部吉彦氏に話を聞いた。

アントニオ猪木×辻仁成、わが子への思い語る 東京国際映画祭ラインナップ会見 画像
レポート

アントニオ猪木×辻仁成、わが子への思い語る 東京国際映画祭ラインナップ会見

世界各国の良質の映画を集め、多くの映画人やファンが一堂に会する、年に一度の祭典、東京国際映画祭。第22回を迎える今年も昨年に続いて“エコロジー”をテーマに、10月17日(土)より9日間にわたり六本木を中心に開催される。開幕を1か月後に控え、9月16日(水)に記者会見が行われ、本年度のラインナップが発表された。会見には、映画祭大使を務める木村佳乃、グリーンアンバサダーを務めるモデルの杏、さらにコンペティション部門出品作品『ACACIA』より監督の辻仁成と主演のアントニオ猪木が出席した。

闘魂・猪木が東京国際映画祭に殴りこみ!辻仁成とタッグで『ACACIA』コンペ出品 画像
スクープ

闘魂・猪木が東京国際映画祭に殴りこみ!辻仁成とタッグで『ACACIA』コンペ出品

背中を丸めて裁縫仕事にいそしむこの男は…アントニオ猪木! こちらの写真はミュージシャンにして作家、そして映画監督としても活躍する辻仁成の6年ぶりの最新作『ACACIA』の一場面。猪木さんが、70歳を過ぎた心優しき元プロレスラーを演じる本作が、10月17日(土)より開幕する第22回東京国際映画祭でコンペティション部門に出品されることが発表された。

辻仁成の最新作にアントニオ猪木主演! 高齢化社会に闘魂注入! 画像
レポート

辻仁成の最新作にアントニオ猪木主演! 高齢化社会に闘魂注入!

辻仁成5年ぶりの新作で主演に抜擢されたのは、65歳にしていまなお衰えぬ闘志を燃やし続けるあの男! 6月16日(月)、映画『アカシアの花の咲きだすころ −ACACIA−』の製作発表記者会見が行われ、監督・脚本の辻さんを始め、本作で映画初主演を果たすアントニオ猪木、共演の石田えり、北村一輝、林凌雅が出席した。

page top