『ふがいない僕は空を見た』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

助産院を営む母子家庭で育った高校生・卓巳(永山絢斗)は アニメオタクの主婦・あんず(田畑智子)と出会う。家庭に居場所のないあんずは、そのやり場のない思いや現実から目を背けようと卓巳と体を重ねていく。そんな一方で、卓巳は自分が本当の恋をしていることに気づくが、2人の思いとは裏腹に、思わぬ方向に転がっていき…。

スタッフ

監督

タナダユキ

キャスト

作品データ

  • 2012年11月17日よりテアトル新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2012「ふがいない僕は空を見た」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『ふがいない僕は空を見た』関連記事

永山絢斗、撮影初日に濃密ベッドシーンで「ちょっと複雑、でも刺激的」 画像
レポート

永山絢斗、撮影初日に濃密ベッドシーンで「ちょっと複雑、でも刺激的」

『百万円と苦虫女』で知られる気鋭・タナダユキ監督の4年ぶりの新作『ふがいない僕は空を見た』が11月17日(土)、全国で封切られ、東京・テアトル新宿でタナダ監督を始め、ダブル主演の永山絢斗と田畑智子、窪田正孝、小篠恵奈、原田美枝子が初日舞台挨拶に立った。濃密な性描写でR-18指定を受けた本作で主演の2人は、コスプレに興じての大胆な濡れ場を体当たりで熱演した。クランクイン当日にいきなりベッドシーンが撮影されたそうで、永山さんは「初日にいきなりバスローブで(笑)。ちょっと複雑でありつつ、でも刺激的な現場でした」とふり返っていた。

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」 画像
レポート

タナダユキ監督、大胆濡れ場を演じた田畑智子は「本当に男前でした」

『百万円と苦虫女』で知られる気鋭、タナダユキ監督が10月23日(火)、4年ぶりとなる新作『ふがいない僕は空を見た』の女子限定試写会に出席し、原作者の窪美澄、タレントでエッセイストの小島慶子と共に“女子会トーク”に花を咲かせた。第37回トロント国際映画祭にも出品された注目作。赤裸々に“性”と“生”を描き出し、女性読者を中心に高い人気を集め、2011年本屋大賞2位、第24回山本周五郎賞を受賞した同名小説を映画化した。

物議を醸すか? タナダユキ監督『ふがいない僕は空を見た』トロント映画祭出品決定! 画像
スクープ

物議を醸すか? タナダユキ監督『ふがいない僕は空を見た』トロント映画祭出品決定!

第24回山本周五郎賞を受賞した窪美澄の同名小説を原作に、「性」と「生」を真摯に描いたタナダユキ監督の4年ぶりの長編最新作『ふがいない僕は空を見た』がこのほど、9月6日(現地時間)より開幕する第37回トロント国際映画祭「コンテンポラリー・ワールド・シネマ」部門に正式出品されることが決定した。

永山絢斗、銀髪カツラでコスプレ男子に! R−18指定作品で濃密ラブに挑戦 画像
スクープ

永山絢斗、銀髪カツラでコスプレ男子に! R−18指定作品で濃密ラブに挑戦

蒼井優主演で一人の女性の旅路を描いた『百万円と苦虫女』で日本映画監督協会新人賞を受賞した女流監督・タナダユキの4年ぶりとなる長編作品『ふがいない僕は空を見た』が、今冬より公開される。W主演を務める永山絢斗と田畑智子の濃密かつ衝撃的なラブシーンも見どころの一つである本作の最新予告編とポスター・ビジュアルが解禁となった。

page top