トム・ハンクス「思わず涙が…」 『トイ・ストーリー3』ワールドプレミア開催!

最新ニュース

『トイ・ストーリー3』 ワールド・プレミア -(C) DISNEY / PIXAR
  • 『トイ・ストーリー3』 ワールド・プレミア -(C) DISNEY / PIXAR
日本より一足早く6月18日に全米公開を迎える『トイ・ストーリー3』のワールドプレミアが6月13日(現地時間)、ロサンゼルスにあるエル・キャピタン劇場で開催され、ウッディ役のトム・ハンクスとバズ・ライトイヤー役のティム・アレンらボイスキャスト陣が登場した。

ファンの間でもディズニー/ピクサーの最高傑作との呼び声も高いこの『トイ・ストーリー3』。前作から10年以上の時を経て製作された本作では、カウボーイ人形のウッディのご主人様・アンディが大学に進学するために家を出ていくことになり、ウッディと仲間たちは住み慣れた我が家から保育園へ。だがそこは、おもちゃを破壊しまくる凶暴な幼児たちが集まる"おもちゃの地獄"だったのだ…。

トム・ハンクスは11年ぶりに演じたウッディについて「ウッディは何でも行動に移す情熱的な男で、誰もが好きになるキャラクターだね」と賞賛。さらに本作の内容については「『トイ・ストーリー3』は観ながらずっと前のめりになってしまうほどの壮大なアドベンチャーに満ちているけれども、ストーリーに深い情感が漂っているので、観ている人は思わず目に涙をあふれさせてしまうんだ」と映画史に残る感動のクライマックスが待っていることを熱く語った。

バズ・ライトイヤー役のティム・アレンも「『トイ・ストーリー3』の物語はあまりにも素晴らしいから、ヒットは間違いない。エンディングを知っている私ですら、思いっきり引き込まれるからね」とトムと同じく本作で描かれている優しく、切ない“さよなら”に魂を揺さぶられたことを明かした。

この日のプレミアには2人のほかにジョーン・キューザック、マイケル・キートンにリー・アンクリッチ監督、さらにアンディ・ガルシアやドン・チードルといったゲストも登場し観客の歓声を浴びていた。

前評判が非常に高く、日本でもヒットが予想される『トイ・ストーリー3』。7月10日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top