北川景子『パラキス』の受験生役への親近感語る 向井理は強烈キャラにも手応え

最新ニュース

『パラダイス・キス』 -(C) 2011「パラダイス・キス」製作委員会
  • 『パラダイス・キス』 -(C) 2011「パラダイス・キス」製作委員会
  • 『パラダイス・キス』 -(C) 2011「パラダイス・キス」製作委員会
  • 『パラダイス・キス』 -(C) 2011「パラダイス・キス」製作委員会
累計発行部数600万部を超える人気漫画の実写化作品として注目を集める『パラダイス・キス』の撮影の様子が先日、報道陣に公開され、北川景子、向井理、大政絢、五十嵐隼士、賀来賢人ら主要キャストと新城毅彦監督による現場での記者会見も行われた。その詳細をお届け!

受験を控えた女子高生・早坂紫(ゆかり/北川さん)がデザイナーを目指す高校生・ジョージ(向井さん)やその仲間に出会い、夢を追うことの大切さに気づき、成長していくさまが描かれる本作。報道陣に公開されたのは、ジョージや仲間の実和子(大政絢)、嵐(賀来さん)、イザベラ(五十嵐さん)らが拠点としている“アトリエ”でのシーン。気を失って運び込まれた紫に、嵐や実和子がショーのモデルを務めてくれるようにお願いするが、紫はけんもほろろに彼らの要求を拒否。その反応に怒った嵐が紫に詰め寄る中で、ジョージが遅れて登場するという流れで、紫とジョージが初めて顔を合わせる重要な場面。監督の指示の下、暑いさなかにもかかわらず何度もテストを繰り返し、本番でも同じシーンが何通りものカットでカメラに収められた。ちなみに、一番の注目を浴びる向井さん演じるジョージのこのシーンでのセリフは「誰?」のひと言だったが、そのクールな佇まいと表情からは、これまでの作品で見せてきたものとは違う、新たな“向井理”像がチラリと垣間見えた。

ソファや、ビリヤード台にファッション関係の小物などが配置され、原作の雰囲気そのままに作り上げられたアトリエだが、ここで撮影が行われるのはこの日を含めてたったの4日間。連日、朝から深夜まで撮影が行われているのだそう。

そんな多忙なスケジュールの中で、キャスト陣と監督は時間を割いて報道陣の前へ。女子高生役ということでこの日も制服姿の北川さんは「(制服を着ることに)抵抗は感じていますし、これが最後であってほしいですが、『まだイケる』とみんなが言ってくれるので頑張ります」と苦笑交じりに語った。紫という役柄に関しては、自らの経験を重ねつつ、強い共感を感じているよう。「焦ってしまう気持ちや、塾や学校に通わせてもらえるのが親のおかげで、ありがたいと思いつつも、何かを他人のせいにしたくなる気持ち——自分だけが大変な悲劇のヒロインであるかのように思ったり、受験をする人が偉いと考えたりしてしまう部分はよく分かります。自分の経験を演じているので役に対して親近感や手応えを感じています。いまでは、受験させてもらえたことを感謝してるし、受験はせずとも夢に向かって頑張っている周囲の人たちを、なぜあのときもっと誇らしく思えなかったんだろう? とも思うので、観る人にいま、それに気づいてほしい。自分を信じて努力することが大切なのだと伝えてくれる映画だと思います」と熱い思いを語ってくれた。

向井さんは、本作の撮影に入る少し前までNHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の撮影を行っており「左腕のある役は久々で」と語り報道陣の笑いを誘う。原作の印象があまりに強い、ジョージという役については「あまり背伸びしても意味がないので、自分がやって無理のない範囲で原作のイメージとすり合わせていきたい。気にしないようにしても引きずってしまう部分はあるけど、日を追うごとにいい感じになってきていると思います」と手応えを語った。

ほかのキャスト陣同様、劇中の衣裳——女装姿で登場したイザベラ役の五十嵐さんは「(衣裳で)最初に着たのがヒョウ柄のもので、楽しくて仕方がなかった。芽生えそうになりました(笑)」と発言。役については「イザベラの“マザーテレサ”的なところに癒されてくれれば…」と語るも、向井さんが「癒し系ですか?」と疑問を投げかけ、大政さんも「原作と台本を読んで、(自身が演じる)実和子がいつも笑顔で癒し系だと思ってたんですが…」と五十嵐さんの“癒し系宣言”に困惑。会場は笑いに包まれた。

ちなみに実和子のファッションについて大政さんは「かわいらしい女の子らしい衣裳で、普段はフリフリのピンク系の服などは着ないので楽しみつつ衣裳合わせに臨んでいます。メイクも新鮮で楽しいです」と笑顔。パンキッシュなスタイルの嵐役の賀来さんは「(衣裳が)攻撃的でロックっぽくて、最初はテンションが上がったのですが…」と語りつつ隣りの五十嵐さんをチラリ。「隣りにこういう人がいるから…」と苦笑い。さらに、ピアスやブレスレットなどをかなり身につけるにもかかわらず「実は金属アレルギーで…」と告白し、周囲を驚かせていた。

ちなみに衣裳に関しては、「DRESS CAMP」や「L'EST ROSE」をはじめ、25ものブランドが全面協力。2011年の春の公開を見据えて、キャスト陣にも2011年の春夏モデルを着せるほどの力の入れよう! 「KOBE COLLECTION 2010 A/W」で実際のファッションショーの最中に本番シーンの撮影が行われるなど細部にまでリアリティを追求した撮影が行われている。今後、10月の頭にクランクアップ、12月初旬に完成の予定。なお、映画版では原作者側の承諾を得た上で、原作とは異なる映画オリジナルの結末が用意されているというので、こちらも気になるところ!

『パラダイス・キス』は2011年5月、丸の内ルーブルほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top