大政絢インタビュー クールからキュートに! 10代最後の華麗なる“変身”で魅せる

最新ニュース

『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
  • 『パラダイス・キス』大政絢
ふわりと優しい笑みを浮かべつつ、二十歳とは思えない落ち着きを感じさせる。いま、最も多忙な若手女優と言っても過言ではない活躍を見せる大政絢。半端ではない周囲の期待を受け止め、さらに輝きを増していく彼女が新たに挑んだのは、絶大な人気を誇る漫画家・矢沢あいの代表作を実写化した『パラダイス・キス』。夢や恋に悩みながら自らの道を模索していく若者たちの姿は、いままさに成長と成功の階段を駆け上がりつつある彼女の目にどのように映ったのだろうか——?

「この仕事をしている限り、毎回どこかで“決断”がある」

彼女が演じた実和子はファッションの道を志す若者たちが集う矢澤芸術学院、通称“ヤザガク”の学生で、変人にして天才的才能を持つジョージ(向井理)を中心としたブランド“Paradise Kiss”のメンバーのひとり。キュートでちょっぴりとぼけたところが魅力的な女の子だ。「ピュアで真っ直ぐ。でも、自分をしっかり持っている子」というのが大政さんが原作と脚本から抱いたイメージ。原作でも、ジョージと並んでかなり際立ったキャラクターの持ち主であり、実際に演じるのは容易ではなかったと思われるが…。
「個人的にこれまで、クールな役を演じることが多かったので、正反対のタイプの女の子ということで新鮮でしたね。監督から最初に言われたのは『かわいらしいけど、同性に嫌われない女の子を演じてほしい』ということ。その点は悩みましたけど、ホワンとしたかわいらしさと芯の部分の強さ——これをしっかり際立たせることで女の子にも共感してもらえるかなと思って演じました」。

ちなみに、大政さん自身は、どんなタイプの同性に対して憧れや共感を感じるのかと尋ねると「自分の目標に向かって進んでいく人はかっこいいと思います」という答えが。では、夢へと歩き出す一歩手前で、自分の進むべき道を思い悩む主人公の紫(ゆかり/北川景子)を見て、大政さんは何を思ったのだろう?
「勉強に悩んで、新しいものを見つけて、でも親とぶつかって…というのは、やっぱり誰もが多かれ少なかれ経験することですよね。私自身、こういう仕事をしていると、毎回どこかで決断する部分がある。この業界に足を踏み入れるときもそうで、上京してきたときも、何度もオーディションを受けては落ちて、というときも葛藤はたくさんありましたよ。でもそれこそ紫と同じように、前を向いて突き進んでいくことで道が開けるって思えるようにもなりました」。

漫画原作の映画に対して、原作ファンはどうしても厳しい視線を注いでしまうところだが、実和子たちの拠点となっている“アトリエ”のシーン——細部にわたって工夫が凝らされたこの工房には原作ファンも目を奪われること必至! 大政さんにとっても単なるセット以上の意味があったようだ。
「ここでみんなと一緒にいる中で、一人一人のキャラクターができていったと思います。クランクインする前は、あれこれ考えて悩みましたけど、撮影に入ったら、あの雰囲気の中でみんなと自然に作り上げられていった感じでしたね。でも、“パラキス”のメンバーといるときは結構アドリブのところがあって、そこは難しかったです。キャラクター的に、ジョージは最後にひとこと言うくらいで、紫は4人を見ている。イザベラ(五十嵐隼士)は相槌を打つのが多くて、どうしても実和子と嵐(賀来賢人)がキャッキャと盛り上げなくちゃいけなくて…(苦笑)。打ち合わせなしで賀来くんとワーワーやっていました(笑)」。

素の大政絢は…? 「家に帰ると違う自分がいます(笑)」

ジョージと紫の(どこか普通じゃない)恋の行方も物語の軸! 大政さんは傍からその様子を見ていたわけだが、2人の恋に対する意見は?
「お互い不器用なところがあって、もどかしいと思いつつ、最後の最後に想いをぶつける。じれったいけど、そういう関係も素敵だなと思いましたね」。

オレ様キャラのジョージに「不器用」、「じれったい」と言えるのは、さすが実和子といったところだが…。
「傍で見ていたら『そんな冷たいこと言わずに…』とは思いますよ(笑)。でも、だからこそ、本当に想いを伝える言葉が響くのかなとも思いますし」。

どこか達観したようなクールな空気がひしひしと感じられるが、大政さんの恋愛観、恋に求めるものなどを聞いてみた…。
「べつに『これ』と言えるものはないですが、一緒にいて礼儀などがしっかりしている人は素敵だなと思います。あとは、一緒にいて笑い合える関係…ですかね(笑)」。

これだけタイプの違う役柄を身にまとい、作品の世界に没頭する中で、素の自分が役に影響されたり、考え方が変化したりすることはないのだろうか?
「自分でもよく分からないんですが、切り替えは早い方ですね。家に帰ると違う自分がいて…役を通して自分が変わるというよりも、世界観が大きく広がっていくというのは毎回、感じています」。

可能性に満ち溢れた20代の道を彼女はどのように歩いてゆくのか? “変化”を楽しみにしつつ、その笑顔がいつまでも変わらないことを祈りたい。

《photo / text:Naoki Kurozu》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top