アンジェリーナ・ジョリー、絶遠状態だった父と仲直りしていた

最新ニュース

アンジー主演作『Salt』の一場面 -(C) Splash/AFLO
  • アンジー主演作『Salt』の一場面 -(C) Splash/AFLO
アンジェリーナ・ジョリーが、7年ほど前から絶縁状態になっていた父親のジョン・ヴォイトと今年に入って仲直りをしていたことを、ヴォイト自身が認めた。

現在アメリカで発売中の芸能週刊誌「Us」誌上でヴォイトは「(アンジーと)連絡を取り合っているよ、定期的ではないけどね。私たちは互いを大切に思っている。それが何より重要なことだ」と語っている。

両親の離婚後、母親に育てられたアンジーとヴォイトの関係は元々あまり良好ではなかったが、2001年にTV出演したヴォイトが画面を通して「精神的に深刻な問題を抱えている」娘に治療を受けるよう懇願したのをきっかけに、アンジーはヴォイトと口を聞かなくなってしまった。

そんな父娘だが、「今年2月にアンジーの方からコンタクトを取り、直接会って以来、話をするようになりました」と誌上で明かした家族の友人は「ブラッド(・ピット)の助けもありました。彼が、アンジーに父親と連絡を取ろうと思わせる要因です」と話している。年齢を重ね、子を持つ親になったことでアンジーにも心境の変化が訪れたのかもしれない。



写真はアンジーの最新主演作『Salt』(原題)の一場面。劇中、アンジーが演じるのは女スパイという役どころ。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top